伊藤健太郎:黒木瞳監督映画「十二単衣を着た悪魔」で主演 23歳の誕生日に「発表できてうれしい」

 俳優の伊藤健太郎さんが映画「十二単衣を着た悪魔」で主演を務めることが、自身の23歳の誕生日である6月30日に発表された。原作は「源氏物語」を題材に描いた内館牧子さんの長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」(幻冬舎文庫)で、伊藤さんが映画で時代劇に挑戦するのは初めて。ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップする就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷を演じる。女優の黒木瞳さんが監督を務め、「ちょっと今から仕事辞めてくる」などの多和田久美さんが脚本を担当する。11月6日公開。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。