【悲報】「ウゴウゴルーガ」ルーガちゃんの現在…


尾に「ござる」と付けていた。初期の金曜日の放送ではウゴウゴルーが食事をする部屋があり、食べ物についての話を行っている。番組の提供がバンダイの為、ウゴウゴルーに「バンダーイ」と言うと玩具がもらえるなどと入れ知恵した事もある模様。ウゴウゴルーガ2号の初期(テレビくん2号が登場するまでの間)にも
57キロバイト (6,974 語) - 2018年11月13日 (火) 15:04



(出典 prt.iza.ne.jp)


動画は「ウゴウゴルーガ最終週のシュールくん」の映像をUPしました🌸


1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 07:12:02.13 ID:CAP_USER9.net

流行語で振り返る平成
『ウゴウゴ・ルーガ』
 
これが’93年当時8歳の子役だった小出由華(33)を一躍有名にした、フジテレビの子ども向けバラエティの番組名だ。
小出演じるルーガちゃんと田嶋秀任(ひでとう)扮するウゴウゴくんが、さまざまなCGキャラクターと下ネタなどを連発するシュールな内容が大ウケ。番組名は同年の流行語表現賞を受賞した。小出が語る。

「当時は小学校低学年でしたから、名誉な賞をもらったということをまったく理解していませんでした。授賞式では、華やかなパーティ会場に来たなぁというぐらいの感覚でしたね。
会場の裏では、大勢の大人たちが忙しそうに動き回っている。ウゴウゴくんと手持ちぶさたで周囲をキョロキョロしていると、
ダチョウ倶楽部さんたち(『聞いてないよォ』でノミネート)が、『恐くないから安心してね』と優しく声をかけ、頭をなでてくれたのを覚えています」

 小出は中学入学を機に学業に専念するが、’05年に芸能活動を再開した。

「私は’12年に語学留学でデンマークに行ったんですが、現地で知り合ったデンマーク人の会社員と’15年に結婚しました。映画やドラマのお仕事があるので、ちょくちょく日本には帰っていますよ。
主人には『私が賞をもらった番組よ』と言って、ウゴウゴ・ルーガを見せたことがあります。主人は『映像がカラフルでキレイだ。
でも、今では放送できない際どい内容だね』と笑っていました」

 小出は「言葉がわかるようになったら1歳の息子にもウゴウゴ・ルーガを見てもらいたい」と語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00010001-friday-ent
12/16(日) 7:04配信


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


(出典 geitopi.com)


(出典 i.ytimg.com)


続きを読む




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。