伊藤沙莉&門脇麦らが出演“究極”の1シチュエーションドラマ!Huluオリジナル「THE LIMIT」

3月5日(金)からHuluで配信されるHuluオリジナル「THE LIMIT」(ザ・リミット)。本作には玉田真也、岩崎う大、荻上直子ら気鋭の脚本家と、伊藤沙莉、門脇麦、細田善彦、岡山天音、泉澤祐希、浅香航大ら若手実力派俳優が集結し、「限定された空間、限られた時間、限られた状況」でリアルタイム進行する、半径3メートルの人間ドラマをオムニバス形式で描く。

このたび、メインビジュアルが解禁された。各話の主人公たちの表情が意味するものとは…? 登場人物たちの意外な過去に、隠された本音、衝撃の事実、リミット空間に追い込まれた時に表れる“人間の本性”をあぶり出す。

◆「THE LIMIT」各話のポイントを紹介。
第1話「ネコと井戸」(出演:伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰)
ネコの救出劇が生み出す恋のトライアングルを描いた作品。6作品中唯一のオープンロケを敢行し、朝から日没までの間にドラマを撮影。まさに撮影そのものが”リミット”な状況下、なんと思わぬピンチも到来。意図せず生まれた、リアルな役者陣の表情も収められている。

第2話「タクシーの女」(出演:門脇麦、古川琴音)
第6話「高速夜行バス」(出演:浅香航大、木野花)
ともに走行車の中が舞台。ハリウッド映画などでも利用される撮影システム「LED スクリーン・プロセス」(※投影された映像の前で役者が演技をするシステム)を採用。日本で唯一の専用スタジオで、車を実際に走らせずして、今まさに走行しているかのような臨場感を生み出す。

第3話「ユニットバスの2人」(出演:細田善彦、岩崎う大)
ユニットバス内で巻き起こる“芸人と泥棒のバトル”を描いた作品。実際の一人暮らし用マンションのユニットバスで撮影し臨場感満載に。

第4話「ベランダ男」(出演:岡山天音)
“忍び込んだ女性宅のベランダでピンチに陥った男”が追い込まれてくさまを生々しく切り取るため、実際のマンションを使い、20分ワンカットで撮影し、シチュエーションをほぼリアルタイムで再現する。

第5話「切れない電話」(出演:泉澤祐希、岩松了、夏子)
喫茶店で謎の発信者から脅迫を受け、主人公たちがゲームに強制参加させられるストーリー。電話をかけてくる女性を演じる青山祥子にリアルタイムで電話をしてもらいながら撮影することで互いの息づかいまでもがリアルな、手に汗握るやりとりが展開されていく。

Huluオリジナル「THE LIMIT」
【配信】2021年3月5日(金)から、Huluで毎週1話ずつ配信(※通常配信に加え、4KHDR/5.1chでも配信)

公式HP:https://www.hulu.jp/static/thelimit/




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。