エモーショナルな特別映像公開!美しく心が痛むほど儚い青春映画「ベイビーディース」

今後の映画界の賞レースでの注目作「ベイビーティース」が2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開する。それに先駆け、特別映像が解禁された。

アカデミー賞の前哨戦の1つでもあるイギリス・英インディペンデント映画賞の最優秀国際映画賞に「ノマドランド」などと並んでノミネートが発表されるなど、今後の賞レースに向けてさらなる注目が集まっている本作は、どの映像も色彩が美しく、細部にまで渡るこだわりを感じられるもの。シャノン・マーフィ監督は「デザインは、ウィリアム・エグルストンの写真とその美意識から着想を得ています」と“カラー写真の父”とも言われる現代アメリカを代表する写真家に影響を受けていることを明かす。「彼の作品は、“詩的な人物の見本”とよくうたわれます。カラー写真の大家として最も知られていますが、エグルストンの前衛的だが時代を超越した色の扱いに、私は魅せられました。陳腐さと華麗さの両方を持ち合わせる点が、家庭内のごたごたと、人生の最期クライマックスのために切り取られた思い出を抱き合わせた本作の世界を反映しています」とエルグストンの色彩が、モーメントラブストーリーとも表される本作にぴったりであったと語っている。

このたび解禁になったのは、5つの特別映像。美しいピアノの音色の中、涙を見せる主人公ミラとモーゼスの姿が印象的なものや、初めて恋をするミラの世界がヴィヴィッドに色づく様子を切り取ったものなど、恋に生きるミラとモーゼスを鮮烈に映し出したものになっている。

特別映像URL:

ミラ役は「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」で注⽬を集めたエリザ・スカンレン。ミラが恋に落ちるモーゼス役には、本作で激賞を浴びヴェネチア国際映画祭〈最優秀新人賞〉を受賞したブレイク必至のトビー・ウォレス。また、ミラの父親役に「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」など近年ハリウッド大作で活躍するベン・メンデルソーン、ミラの母親役には「ババドック~暗闇の魔物~」のエシー・デイヴィスなど実力俳優が脇を固め、2020年度のオーストラリア・アカデミー賞(AACTA賞)では、作品賞、監督賞、脚本賞、4つの演技賞を含む全9部⾨で受賞する快挙を達成している。

映画「ベイビーティース」
2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開

【STAFF&CAST】
監督:シャノン・マーフィ
出演:エリザ・スカンレン、トビー・ウォレス、エシ―・デイヴィス、ベン・メンデルソーン
【STORY】病を抱える16歳のミラは、孤独な不良青年モーゼスと出会い恋に落ちる。ミラの初めての恋を両親は心配し猛反対するが、ミラは怖いもの知らずで自分を特別扱いせずに接してくれるモーゼスに惹かれ、彼との刺激的でカラフルに色づいた日々を駆け抜けていくが…。

公式HP:babyteeth.jp

© 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。