鈴木伸之主演『お茶にごす。』に永島聖羅、仁科かりん、平川結月、山本直寛、濱正悟、野間口徹が出演

鈴木伸之主演のドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京系)に、永島聖羅、仁科かりん、平川結月、山本直寛、濱正悟、野間口徹が出演することが分かった。

原作は、2007年から2009年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されていた西森博之の同名コミック。『今日から俺は!!』など“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち出した西森による、青春・学園・ヤンキー・コメディが詰まった作品だ。

地上波連続ドラマ単続初主演となる鈴木が、強面で威圧的な雰囲気からむやみやたらとけんかを売られ、中学最強の不良と恐れられた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢を演じる。共演には、船橋の友達・山田航役で瀬戸利樹、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆役で萩原みのり、茶道部の部長・姉崎奈緒美役で久間田琳加が出演する。

今回出演が決まった永島は夏帆(萩原)の親友・飯倉智花役、仁科は茶道部副部長・慎大寺珠美役、平川は茶道部・奥沼民子役で出演。山本は曲がったことが嫌いで、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役、濱正は船橋に何かとけんかを売る開架高校1年生・北沼役、野間口は茶道部の顧問・縦島洋役を演じる。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。