『映画 えんとつ町のプペル』が第44回日本アカデミー賞「優秀アニメーション作品賞」受賞 西野亮廣&廣田裕介監督が喜びのコメント

『映画 えんとつ町のプペル』
©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

『映画 えんとつ町のプペル』が、第44回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞したことが分かった。

本作は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣原作で2016年に発売され、累計発行部数67万部を記録した絵本「えんとつ町のプペル」のアニメ映画化作品。

昨年12月25日に全国308スクリーンで封切られ、観客動員は110万人を突破。公開から5週目となった週末(1月23日(土)、24日(日))の土日前週比は111.9%と好調をキープしている(興行通信社調べ)。

そんな大ヒット公開中の本作が、この度第44回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞。製作総指揮・原作・脚本を務めた西野は「今回の受賞は映画・書籍に関係したスタッフの皆様、そしてファンの皆様のおかげ以外の何ものでもありません。いつも本当にありがとうございます。好きです。引き続き頑張ります」とコメント。

本作が初監督となる廣田裕介監督も「名誉ある賞をいただき、大変光栄に思います。制作に関わった全ての方々と、この喜びを分かち合いたいです」と受賞の喜びを語っている。

授賞式は3月19日(金)にグランドプリンス新高輪パミール館で行われ、優秀アニメーション作品賞5作品の中から最優秀作品賞1作品が選ばれる予定となっている。

「映画 えんとつ町のプペル」
上映中

声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業

公式サイト:https://poupelle.com/




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。