動物カメラマン・上田大作が日本初確認のハクトウワシを追う『情熱大陸』

『情熱大陸』

2月21日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系 後11・00~11・30)は、動物カメラマンの上田大作に迫る。

年間250日以上、北海道を車で移動しながら野生動物を撮り続ける男・上田大作。徹底的に現場に張り付く撮影スタイルを主としているため、その地の天候や風を常に感じられるようにと車で寝泊まりしている。朝日が昇る前から森の中に入り動物散策を始める上田だが、撮影にあたり大事なことは“想像力”と話す。

動物の生態やこれまでの経験を踏まえ、食痕や足跡、動物の鳴き声など数少ないヒントを察知し、五感を研ぎ澄ませて至極の瞬間をカメラにおさめていく。

27歳で勤めていた会社を退職し、北海道で撮影を始めて今年で14年目。これまでにヒグマ、キタキツネ、エゾシカ、モモンガ、オオワシ、シマフクロウなどの野生動物の撮影を行なってきたが、今年はアメリカの国鳥として知られるハクトウワシ1羽が根室市の温根沼(おんねとう)に現れた。ハクトウワシは昨年、日本本土で初確認されたばかり。

番組では、大空に舞うハクトウワシの姿を捉えるため、孤軍奮闘する上田の姿を追いかける。極寒の中に輝く命の機微を伝えるために高みを目指す、その覚悟と生きざまを見つめる。

<動物カメラマン/上田大作 プロフィール>
1977年6月30日生まれ、山口県下関市出身。
高校卒業後船舶などの輸送機器を製造する企業に就職するも27歳で退職し独学で写真を撮り始める2013年「風連湖-冬の物語」にて田淵行男賞を受賞。3人弟妹の長男、独身。

©MBS




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。