劇団EXILEの注目若手俳優&“シンデレラおじさん”が浜田雅功とリモート街ブラ

『ごぶごぶ』

ダウンタウンの浜田雅功と相方、スタッフが五分五分の立場でロケを行う『ごぶごぶ』(MBS)。3月2日(火)は、3月に映画の公開を控える劇団EXILE期待の若手俳優と、40歳を過ぎてブレークした“シンデレラおじさん”を自称する俳優の2人が相方として登場する。

今回もMBS東京支社からのリモート収録だが、「ちょっと遊んでみよう!」ということで、クロマキーを使った撮影をすることに。それを聞いた浜田は「大丈夫かな? クロマキーって分かってんのかな、うちのスタッフ 」と、ごぶごぶスタッフに最新技術を扱えるのか不安そうな様子。

そしてゲストの2人が登場すると、浜田は「どんな2人やねん!」「つながりあんの?」と異色なゲストの組み合わせに戸惑いつつも、「リモート収録になってから、ゲストが豪華になってない?」とテンションが上がる。

今回は、仕事で大阪に来ることがある相方が「ある理由でずっと探していた!」というスポットへ芸人リポーターが代わりに行って、中継をつなぐ“ごぶごぶ流街ブラロケ”を決行する。

まずは、相方が18年間探し続けている「うどんすき」のお店を探すことに。相方は18年前に大阪で舞台をした時、劇作家・演出家の野田秀樹に連れて行ってもらった“人生初のうどんすき”の味が強烈に記憶に残っているものの、店名や場所に関する情報が思い出せないという。わずかに残る手掛かりを聞いたスタッフが探し出した「ここではないか?」という店に笑い飯・哲夫が行き、相方と中継をつないで思い出の店なのかを確かめてもらう。

店に着くと「歴史ある由緒正しい雰囲気だった」「2階で食べた」など、手掛かりに当てはまるポイントをどんどん発見するも、さすがに18年前のこととなると「ここまで立派だったかな 」などとはっきりとは思い出せない相方。果たして長年探し続けたうどんすきのお店と出会うことができたのか。

続いては、週8サウナに通うという“サウナー”な相方のため、大阪に来た際に行くべきお薦めサウナを紹介する。サウナに求める条件を語りだした相方は、サウナ用語も交えながらみるみるうちにヒートアップ。ついには周囲も置いてけぼりになるほど熱く語る相方を見て、浜田は「めっちゃ流ちょうになってるやん!」と思わず笑いながらツッコミを入れる。

そして中継がつながると、自称“浜田軍団親衛隊長”の天竺鼠・瀬下豊が登場。リモート企画になってからになってから22度目の出演で、完全に手応えを感じた瀬下は気合十分。今回案内する極上サウナの目玉は、「大阪イチ冷たい」という水風呂で、これには数々のサウナを体験してきた相方も大興奮する。

そんなスタジオの反応もあって順調に中継を進める瀬下だったが、早速サウナに入ろうとしたところでトラブル発生。なんと浜田から「取りあえず水風呂に入ろか!」と不意をつく指令が出る。

『ごぶごぶ』
MBS
2021年3月2日(火)後11・56~深0・53

この記事の写真

『ごぶごぶ』 『ごぶごぶ』 『ごぶごぶ』 『ごぶごぶ』 『ごぶごぶ』

©MBS




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。