「ゴチ22」4戦目で今年初のピタリ賞 かまいたち「こんなドキドキ『M-1』以来!」

『ぐるぐるナインティナイン』

3月4日(木)放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系 後7・56~8・54)で、人気企画「ゴチになります!22」4戦目にして今年初のピタリ賞が出ることが分かった。

今回は、VIPチャレンジャーに初参戦となるかまいたちを迎えて、豪快なグリル料理に繊細なフレンチを掛け合わせた表参道の「バー&グリル ダンボ」でゴチバトル。設定金額は1万5000円。

トークテーマは「私のレベチなところSP」。かまいたち・山内健司は「歯笛がレベル違いにできます」と自信満々。会場にはバラエティ初披露の山内の歯笛を引き立てるため、ミュンヘン国際音楽コンクール入賞のウェールズ弦楽四重奏団メンバーを招待。まさかの世界レベルの演奏との夢のセッションで、山内は歯笛で「情熱大陸」を奏でるも、メンバーからは大逆風が吹き荒れる。

松下洸平は、前回の放送で「料理が得意」と言ったにもかかわらず、キャベツの千切りでその腕前を疑われたことがトラウマと告白。しかし、増田貴久から「作ってほしいなスペアリブ」など料理の話題を振られ、今回もディスられてしまう。

それでも「体内時計」には自信があるという松下が、どれだけ体内時計が正確なのかを試すため、4人で話しながら60秒だと思った時に挙手するという企画にチャレンジ。松下はリベンジを果たすことができるのか。

中条あやみは映画「チアダン」のチアガール役で鍛えた体の柔軟性を披露。さらに映画「チアダン」さながらのキュートなチアダンスパフォーマンスも。またノブの「レベチなアゴの柔らかさ」を確認するため、ソーシャルディスタンスを取って、突っつき棒でノブのアゴをチェック。すると、関西出身だけに、アゴではないところを突っついてみせるなど、ボケ放題。そんな中条のボケに、ノブは「世界一楽しい」「今日もう俺が払います」とメロメロになってしまう。

スペシャルメニューを懸けた「変装シャウトゲーム」では、全員が何かの職業に変装し、お題に合わせてその職業の人が言いそうなことをリズムよくシャウト。中条はお坊さんの格好、「こんなはずではなかった」という松下は大工さんの格好で登場し、ノブから「ミルクボーイ(内海崇)やん!」とツッコミが。そのほか、増田はシェフ、濱家隆一は消防士などに扮して「絶体絶命のピンチで叫ぶ一言」「プロポーズの一言」などのお題に合わせたセリフを絶叫する。

結果発表では、羽鳥慎一アナから「ピタリ賞出ちゃいました!!」と発表されると一同大興奮。全員自信がある様子を見せ、かまいたちは「こんなドキドキ『M-1』以来!」という緊張っぷり。実力未知数の新メンバー・松下と中条は初の自腹の可能性も残すが、果たしてピタリ賞を獲得したのは誰なのか。

『ぐるぐるナインティナイン』
日本テレビ系
2021年3月4日(木)後7・56~8・54

この記事の写真

『ぐるぐるナインティナイン』 『ぐるぐるナインティナイン』 『ぐるぐるナインティナイン』 『ぐるぐるナインティナイン』




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。