松坂桃李に井浦新が「いつでも抱き締めて」麻生久美子と異色の入れ替わりラブコメを語る

大好きな女性が、見知らぬおじさんと入れ替わってしまった! そんな衝撃的な展開から巻き起こる予想のつかない恋を描く異色のラブコメディ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系 (金)後1115ほか)が、2021430日にスタート。主人公のポンコツなスーパーの従業員・桃地を松坂桃李さん、桃地と急接近するも事故で帰らぬ人となってしまう漫画家の巴を麻生久美子さん、巴の魂が乗り移り桃地を戸惑わせる清掃員のマサオを井浦新さんが演じる。お三方にお互いの印象や、この作品ならではの面白さを語ってもらいました!

◆お互いの印象はいかがですか?

松坂:麻生さんとは以前、大河ドラマ(『いだてん〜東京オリムピック噺〜』)でちょっとだけご一緒させていただいて。その時とは役も距離感も全く違うので、新鮮な気持ちで臨めています。新さんとは初めてご一緒させていただくのですが…最初にお会いした時の第一声が衝撃的で。

井浦:「いつでも抱き締めてください」と言いました(笑

松坂:それを聞いて、“新さんとなら大丈夫だ”とすごく安心しました。ちょうどさっきティザー(予告編)撮影があって。新さんのキス顔がすごくキュートなんですよね。

麻生:そう! かわいかった~(笑

松坂:こっちがキスを拒むのが難しくなるくらいでした(笑

井浦:松坂さんは自分の役の責任を果たす役者さんという印象です。その姿勢は、同業者としてものすごく共感できる。そんな方と一緒に何ができるのか、すごく楽しみです。麻生さんとは共演経験も多いので、安心感があります。ティザー撮影で間近で見つめ合うシーンがあったのですが、あの距離でも固まらないでいられるのは麻生さんだけです

麻生:松坂さんは、共通の知人から「すごく穏やかな人」と聞いていたのですが、本当にそのとおりで。仙人みたいな方だなと。新さんは物静かそうに見えて、内面はすごく燃えている方だなという印象があります。

井浦:よくご存じで(笑

麻生:今回演じる巴は、言わば私と新さんで“2人1役”。新さんは巴がオジ巴(巴の魂が乗り移ったマサオ)になった時、元の巴の存在がちゃんと見えるように共通のしぐさとかを作りたいね、という提案もしてくださって。そうやって、一緒にいろいろ考えるのも楽しいです。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。