おちょやん:花籠は栗子の“変化”の象徴 「紫のバラの人」のように… 宮澤エマ、憎い継母の「呪縛解けた」  

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の105回が4月30日に放送され、謎に包まれていた「花籠(かご)の贈り主」が、千代(杉咲さん)の継母(ままはは)の栗子(宮澤エマさん)だったことが明らかにされた。ドラマの公式サイトでは、宮澤さんのインタビューが公開。「実は最初にディレクターさんから言われたことだったんです。『栗子は千代の継母だけど、いずれ“紫のバラの人”(マンガ「ガラスの仮面」の登場人物)のように、ずっと花籠を送り続ける人なんですよ』って」と裏話を語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。