奈緒が『A-Studio+』に初出演 朝ドラで共演の親友・永野芽郁との大号泣エピソード明かす

『A-Studio+』

女優・奈緒が、4月30日(金)放送の放送の『A-Studio+』(TBS系 後11・00~11・30)に初出演する。

現在、CM契約9社といま最も勢いのある奈緒。高校一年生の時に、地元・福岡でスカウトされたのをきっかけに福岡のモデル事務所に所属し、モデルやリポーターの仕事で芸能活動をスタートした。

20歳の時に「演技に挑戦したい」と思い上京。2018年NHK連続ドラマ小説『半分、青い。』でヒロインの親友役に抜擢されたことにより注目を集め、2019年、ドラマ『あなたの番です』での怪演が反響を呼び、人気女優に仲間入り。5月16日(日)から始まる舞台「DOORS」では舞台初主演を果たす。

番組では、CM、ドラマ、映画、舞台と引っ張りだこの奈緒がこれまで歩んできた道程から、天然すぎるかわいらしいエピソードまでたっぷり送る。

笑福亭鶴瓶は、高校時代からの仲良しグループのメンバーたちに取材。高校時代に「奈緒が『A-Studio+』に出演したら私たち出るからね」との約束をしていたことが現実になり、驚きを隠せない奈緒。友達の一人が泣きながら奈緒に相談した次の日の朝、手紙と弁当を作ってくれたという奈緒の優しいエピソードを語る。

その一方で、奈緒の忘れ物のひどさを暴露するひと幕も。みんなで韓国旅行に行った際にブラジャーを忘れていった奈緒。その時、奈緒がとった驚きの行動にスタジオがザワつく。

さらに鶴瓶は、奈緒が師匠であり父親的存在と語る脚本家・野島伸司にも取材。奈緒が上京した際に、野島が総合監修を務める”ポーラスター東京アカデミー”の門を叩いたことがきっかけで出会った2人。野島はオーディションにすっぴんで来た奈緒が特待生で合格した時の裏話や、奈緒に感じた女優としての魅力を語る。

また、奈緒は野島に相談をしたときに「犬を飼いなさい」と言われ、犬を飼ったエピソードを語る。すると、飼っている犬を散歩している鶴瓶と藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)の写真が出てきて、奈緒は驚く。

一方、藤ヶ谷は、NHK連続ドラマ小説『半分、青い。』で親友役を演じてから、本当に親友となった女優・永野芽郁に取材。

奈緒が永野にした悩み相談や、お互いのことをどれだけ好きか語り合った際、なぜか2人で大号泣したエピソードなどが語られる。

最後には、番組に届いた奈緒の母親からの手紙を鶴瓶が代読。その内容にスタジオが感動に包まれる。

『A-Studio+』
TBS系
2021年4月30日(金)後11・00~11・30

この記事の写真

『A-Studio+』 『A-Studio+』

©TBS




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。