生瀬勝久、黒川智花が川口春奈×横浜流星『着飾る恋には理由があって』に出演決定

『着飾る恋には理由があって』

生瀬勝久、黒川智花が川口春奈主演の火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系 毎週(火)後10・00~10・57)に出演することが決定した。

本作は、キレイに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。主人公の真柴くるみを川口春奈、ルームシェアする“ミニマリスト男”藤野駿を横浜流星が演じる。

脚本は、『恋はつづくよどこまでも』をはじめ、幅広い世代の女性の共感を呼ぶ脚本で人気を博す金子ありさが担当。制作チームには『MIU404』や『わたし、定時で帰ります。』『アンナチュラル』などのプロデュースを担当してきた新井順子、さらに新井と多くの作品でタッグを組み、『MIU404』『グランメゾン東京』などジャンル問わず多くの話題作を演出してきた塚原あゆ子がそろった。この3者のタッグは『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『中学聖日記』に続いて3作目のラブストーリーとなる。

第3話で、謎めいた登場をした生瀬勝久は、5月11日放送の第4話から真柴(川口春奈)らがルームシェアをするマンションの家主・香子(夏川結衣)の元夫・小林礼史役を演じる。礼史について「名前を言ってはいけない」と言うほど香子にとっては因縁がある人物で、準レギュラーとして今後もたびたび登場する。

さらに、陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセラーの相談者・舟木千春役で黒川智花がゲスト出演。千春は陽人をとても頼りにしており、予約時間外にも連絡してくるほど深入りしている。

生瀬勝久 コメント

このドラマはおしゃれでスタイリッシュ、とてもかっこいい印象ですね。舞台となっているルームシェアのお家のセットもとてもすてきで、実際にモデルになった家があるというのを聞いて驚きでした。
今回、夏川結衣さん演じる香子の元夫という役柄ですが、夏川さんとは12年前に映画でご一緒して以来で、元ですが夫婦という関係性は初めてです。今はまだ2人の関係性があまり良くないのですが、2人ならではの掛け合いのシーンができたと思いますし、演じていて楽しかったです。
性別も世代も職業もバラバラの登場人物がたくさん出てきますので、皆さん自分に近い役に投影していただいたり、「こういう人いるよな」なんて見方をしていただくのもいいかなと思います。ぜひ登場人物を応援しながら、楽しんでいただきたいです。

黒川智花 コメント

丸山隆平さんとは何年も前の舞台以来の共演でしたので、撮影当日は楽しみに現場に向かいました。2人の関係性、そして周りの人たちとのやりとりがどのように表現されたのか、ご覧いただけるとうれしいです。
川口春奈さんと横浜流星さんを中心に駆け巡るストーリーは、とびきりお洒落で心を華やかにしてくれますし、キャラクターたちの「自らと人を想う」という優しくて自立した感情や行動は、観ている私たちを包み込んでほっこりとした気持ちにしてくれます。星野源さんが手がけるテーマソング「不思議」をはじめとした音楽の心地良さは最高ですし、新井プロデューサーと塚原監督の黄金ペアが織りなすきめ細かな演出は「すてき」のひと言に尽きます。この作品に出演することができてとてもうれしかったです。これからの展開を楽しみにご期待ください。

<第4話(5月11日(火)放送)あらすじ>
キャンプの夜、駿(横浜流星)から「好きかもね」と言われ、真柴(川口春奈)は気持ちが揺さぶられるものの、駿の真意が分からないまま帰路につく。真柴と駿が帰宅すると、香子(夏川結衣)から陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)も交えた4人に話があると切り出される。
そんなある日、羽瀬が体調を崩してしまう。急に気分が悪くなってしまった羽瀬の具合を聞くうちに、真柴はある思いをめぐらす。
同じ頃、「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス)の広報課では来期のコレクションに向けたプロジェクトが始動し、急きょ、デザイナーとの打ち合わせに真柴が指名される。

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』
TBS系
毎週火曜 後10・00~10・57

©TBS




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。