日向坂46・影山優佳「サッカーを楽しむ1歩目をサポートさせていただけたら」アニメ&映画『さよなら私のクラマー』

「四月は君の嘘」の新川直司さんの人気漫画をアニメ化した『さよなら私のクラマー』(TOKYO MXBS日テレほか 毎週 後1130~深000ほか)。サッカーに情熱を注ぐ女子生徒たちの青春を描いた本作は、いよいよ6月11日(より映画版も公開に! そんなアニメ&映画の一大プロジェクトの応援マネージャーを務めているのが、日向坂46の影山優佳さん。作品の見どころや声優に初挑戦した感想、また自身がサッカーをプレーしていた当時の思い出や、サッカーに対する熱い思いを語ってくれました!

◆まずは、この作品の印象からお願いします。

女子サッカーを題材にしているのが珍しいなと思いました。私自身も小学生時代にサッカーの経験があるので、感情移入しながら原作を読ませていただきました。特に自分の過去とリンクしたのは、中学生編の「さよならフットボール」。私も主人公の恩田希ちゃんと同じように、小さいころは男の子に交じってプレーしていて。男の子が蹴るボールの強さを実感して挫折しちゃうところなどは共感しました。

◆アニメ化されることについてはどう思いましたか?

“サッカーのシーンがどう表現されるんだろう”とワクワクしました。実際に映像を見てみたら、疾走感がしっかり表現されていて。マルセイユルーレット(フェイントテクニックの1つ)をするシーンで、足元がスローモーションで映るところがあるんです。それが本当に生きている人間のように、流れるような動きをしていたので。アニメを作る方々のすごさをあらためて感じました。

◆そして6月11日(金)からは、いよいよ映画も公開されます!

映画は中学生編ということで、希ちゃん自身の苦悩や成長はもちろん、少年サッカーや女子サッカーの現状などがリアルに描かれた映画になっています。見てくださる皆さんにそういった部分を考えていただくきっかけになればと思いますし、試合のシーンも映画館のスクリーンだと現実より大きく見ることができるので。プレーの迫力やテクニックのすごさを純粋に感じていただけたらと思います。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。