花江夏樹「どれだけ一緒にいて愛情を注いだか…気持ちの面でのつながりが大事なんだと思いました」映画「漁港の肉子ちゃん」

明石家さんまプロデュースの劇場アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」に出演している花江夏樹さん。Cocomiさん演じる少女・キクコに影響を与える不思議な同級生の少年を演じています。今回は小学生男子が自然と漏らす言葉を意識して演じたそうで、「声優だけど出演者の中で一番声が小さいと思います」と笑いながら教えてくれました。

◆最初に明石家さんまさんからオファーを受けられた時の状況を覚えていらっしゃいますか?

「さんまさんがプロデュースする作品でオファーを頂いたんですけど」と事務所経由で資料を頂きました。アニメーション制作を手掛けるSTUDIO4℃さんの画の感じ、ちょっと廃れた港町のノスタルジックな雰囲気がすごく良くて。「こういう作品はすごく好きなので、ぜひ参加させてください」とお受けしました。

◆出演が決まってから原作もお読みになりました?

はい。原作そして脚本を読んでどんなアニメになるんだろうかと想像しました。原作を読むと肉子ちゃんがすごく存在感がありパワフルでしたね。こんな人が存在するんだろうかと思うくらいのキャラクターなので、映像になってどれくらいのインパクトが出るのか楽しみでした。アニメの肉子ちゃんは想像を超えるくらいの画力と大竹(しのぶ)さんのお芝居とが相まって、すごくいいですよね。

◆肉子ちゃんというニックネームもインパクトが大きいですよね。

なかなか女性を肉子ちゃんとは呼べないですよね(笑)。普通は失礼だろうと思ってしまいますから。でも肉子ちゃんにはそれを感じさせない明るさがあって、男性にだまされたり悲壮な目に遭っていたりするのに、人として大切なものをずっと持ち続けて、それを信じて進み続けている。その明るさがすてきだと思いましたし、生きていく上で大切にしないといけないものだなと思いました。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。