桂文珍:「TOKYO MER」で嫌みな“政界のドン”熱演 「めっちゃ腹立つ!」「お見事」

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第5話が8月1日に放送された。同話には、政界のドンとも呼ばれる民事党幹事長・天沼夕源役で、落語家の桂文珍さんが登場。嫌みな役どころを熱演し、視聴者から「めっちゃ腹立つ!」「最高のクズっぷり」「悪者具合がいい」と反響を呼んだ。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。