生田斗真×小栗旬の本格警察ミステリー『ウロボロス~この愛こそ、正義。』Paraviで初配信

『ウロボロス~この愛こそ、正義。』

10月からスタートする日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)の放送を記念して、生田斗真×小栗旬がタッグを組み、2015年に放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』が動画配信サービス「Paravi」で9月12日(日)後10・09から3か月間の期間限定で配信されることが決定した。『ウロボロス』 がParaviで配信されるのは今回が初となる。

2015年1月期にTBS系で放送された『ウロボロス~この愛こそ、正義。』は、神崎裕也の大人気漫画「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(新潮社)を生田斗真×小栗旬という最強タッグでテレビドラマ化した本格警察ミステリー。幼い頃、恩人が殺される現場を目撃し、その事件を“金時計”をした警察関係者に握りつぶされた幼なじみの2人の小学生が、20年後にそれぞれ刑事とヤクザになり、法で裁けない本当の悪を勧善懲悪で裁く。

普段はさえない刑事だが、圧倒的身体能力を持ち、いったんスイッチが入ると常人離れした格闘能力で悪を粉砕する主人公・龍崎イクオを演じるのは、生田斗真。イクオの相棒で明晰な頭脳とクールな立ち居振る舞いで裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉を小栗旬が演じる。そして、ストーリーを引っ張る重要なヒロインであり、イクオの表の顔(刑事)での相棒・日比野美月を演じるのは上野樹里。ほかにも、吉田羊、ムロツヨシ、清野菜名、武田久美子、光石研、滝藤賢一、吉田鋼太郎、中村橋之助(現・中村芝翫)、広末涼子が出演した。

また、日本の連続ドラマとして、当時初めて韓国のアクションチームが参加・指導し、アクションシーンを撮影。生田はクランクイン前に韓国で本格的なアクション訓練をするなど、これまでにないレベルのアクションを見せたことでも話題となった。

『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(2015年)
2021年9月12日(日)後10・09(12月12日までの期間限定配信)

©神崎裕也/新潮社
©TBS




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。