エヴァンゲリオン:「シンカリオン」コラボ誕生の裏側 “神回”を生み出した情熱

 新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の新作テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)」(テレビ東京系、金曜午後7時25分)と「エヴァンゲリオン」シリーズのコラボ回が、9月17日に放送される。「シンカリオン」と「エヴァンゲリオン」がコラボするのは、2018年1月~2019年6月放送の前作テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」、2019年12月に公開された劇場版「新幹線変形ロボ 未来からきた神速のALFAーX」に続き、3度目となる。これまでのコラボは“神回”と話題になったこともあり、期待が高まる。そもそも「シンカリオン」と「エヴァンゲリオン」がコラボすることになった経緯は? “神回”が生まれた裏側は? 「エヴァンゲリオン」のライセンス事業を担当するグラウンドワークスの代表取締役の神村靖宏さん、「シンカリオン」を手がけるジェイアール東日本企画の鈴木寿広プロデューサーに聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。