堂本光一&井上芳雄、ミュージカル「ナイツ・テイル」開幕で観客に感謝「皆さんに拍手をお送りしたい」

『ナイツ・テイル ー騎士物語ー』

堂本光一、井上芳雄らが出演する舞台「ナイツ・テイルー騎士物語ー」が、9月13日に大阪・梅田芸術劇場で開幕した。

初日公演では、フィナーレの歌の最中に井上のマイクが汗のため故障。思わぬハプニングにも慌てることなく、地声を張り上げ客席からは拍手が沸き起こった。その後のカーテンコールでは、まずは堂本が9月7日に初演を迎える予定だったが、舞台スタッフに新型コロナ陽性者が出たため延期されていたことに触れ「こうして無事に幕が開けられたこと、皆さんに感謝したいなと思います。初日から楽しみにしてくださった方たちにお見せできないのは、非常に残念ですが、こうして舞台に立てていることは、心からうれしく思います」と心中を明かした。

井上はマイクが壊れてしまったため、堂本に顔を寄せ「マイクが持たず、すみません」と言いながら、ヘッドマイクを借りる形であいさつ。「とにかく、なんて楽しいんだろう」と話しだしたが、その様子に会場やキャストからの笑いは収まらず「この体勢じゃ何を言っても…」と言いながらも、観客に感謝を伝えた。

音月桂は、堂本&井上に「一体、我々は何を見せられているんだと思いますけど」とツッコみながらも、「元祖脱力系騎士の光一さんと芳雄さん、演出家のジョンと大好きなカンパニーみんなでこの瞬間を迎えられて本当に幸せでした。私たちが表現する場所をこれからも全力で守っていきたいと思います」と熱いコメント。

続いて、上白石萌音は「昨日初めて、全員がマスクを外して通し稽古をして、みんなの顔が全部見えるってこんなにうれしいんだってあらためて思いました」と話しだすも、ここで堂本が「3段階あるんだよね。稽古でマスクつけるじゃん、舞台稽古でメイクしてマスクつけるじゃん、それで、メイクを完璧にしてマスクを外すじゃん、また誰だか分かんない」と。

これに、上白石は笑いながら「こういうふうに良いことも悪いことも、いろいろありますが」とまとめて会場を沸かせ「みんなで1回1回大切にお届けできるように頑張ります」と今後の公演への意気込みを語った。

終始、場を盛り上げた堂本だったが、最後は「本当に皆さまの協力があってこそ幕が開けられていると感じています。私たちからも、皆さんに拍手をお送りしたいと思います。本当に皆さん、ありがとうございました」と力強く語り、会場からは大きな拍手が送られた。

ミュージカル「ナイツ・テイルー騎士物語ー」公演詳細:https://www.umegei.com/schedule/974/




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。