高橋一生、川口春奈は「チャーミングでコミカル」 初共演の印象語る

高橋一生、川口春奈

俳優の高橋一生と女優の川口春奈が30日、東京・港区の乃木神社にてW主演映画『九月の恋と出会うまで』のイベントを行った。
“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に選ばれた松尾由美による同名小説を実写映画化した本作は、時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する、大人のラブストーリー。
2人は、勝負と縁結びの神様が祀られており、恋愛成就にご利益があると言われている乃木神社の本殿にて、本作の鑑賞者の良縁を祈願。その後、報道陣の前に姿を現した。

本作が初共演となった2人。それぞれの印象を聞かれると、まず高橋が「川口さんはすごいチャーミングな方だなと思いましたし、コミカルです」とコメント。「多くは言いません」としながら、「僕が勝手に抱いてしまっていた川口春奈さんの像みたいなものが、毎日撮影でご一緒する度にいい意味で崩れていった。とっても素敵な方だなと思いました」と現場で印象が変わったという。「コミカル」という表現に心当たりを尋ねられた川口は、「なんですかね? ただ無知なだけだと思います」と自覚はない様子だった。
一方、高橋の印象について川口は「お会いして、お仕事してみて、意外だった部分って本当になくて、本当にそのまま」と語る。「これってどういう意味なんですかね?と聞くと教えてくれたり、話してくれたりとか、優しいお兄さんで、いつも相手してもらってます」とイメージ通りの人柄を強調した。

タイムリープが題材となっている本作にちなんで「もしタイムリープできるとしたら?」の質問に、高橋は「戻れるとしたら、2~3年くらい前に戻りたい。一時的に戻って、とっても声をかけたい人がいます」と意味深な発言。川口は過去に戻りたい願望はないようで、「特に大丈夫です」と笑みを浮かべるも、「未来に行ってみたい?」との問いには「行けるなら行きたいというか、見てみたい。自分や自分の周りがどうなっているのか、変化は気になります」と話す。しかし、高橋が「僕は行きたくないです。知っちゃったら面白くなくなる」と持論を述べると、川口も「たしかに。じゃあ行かない」と頷いていた。

イベントの最後は2人で巨大絵馬に願掛け。高橋は「出会った人達が一人でも多く笑っていますように」と記入。川口は大きく「縁」と一文字で書き、「ご縁を大切にしていきたい。こういうお仕事をしていると、いろんな方にいろんなタイミングで出会うので、自分がどう影響されて生きていくかっていうことがとても大切だと思うので、今年は縁というものを大切にしていきたい」と力を込めた。

映画『九月の恋と出会うまで』は、3月1日(金)より全国で公開。

高橋一生、川口春奈




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。