田中樹「この番組じゃないと絶対に見られない組み合わせが」『ドラフトコント2021』

左上から)ヒロミ、小池栄子、内田篤人 左下から)鷲見玲奈、田中樹、朝日奈央

今田耕司とウエンツ瑛士がMCを務める特別番組『ドラフトコント2021』(フジテレビ系)が、11月27日(土)に放送。それに先駆け、審査員を務めるヒロミ、小池栄子、内田篤人、鷲見玲奈、田中樹(SixTONES)、朝日奈央からコメントが到着した。

この番組では、2021年のお笑い界を代表する5名の芸人が一緒にコントをやりたいと思う芸人をドラフト制で指名。ドラフト終了後にできあがったチームで1からコントを作り、1か月後に観客の前で披露する。最終的にどのコントが最も優れていたのか、『ドラフトコント2021』のチャンピオンを決定するというものだ。

出場する各チームのキャプテンは、小峠英二(バイきんぐ)、大悟(千鳥)、春日俊彰(オードリー)、又吉直樹(ピース)、山内健司(かまいたち)の5名。このキャプテンたちが、ドラフト候補芸人20名の中から一緒にコントをしたいと思う芸人を指名し、チームを結成する。

そして、今回ドラフト候補芸人となるのは、あんり(ぼる塾)、池田一真(しずる)、おいでやす小田、大久保佳代子(オアシズ)、加賀翔(かが屋)、サーヤ(ラランド)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、嶋佐和也(ニューヨーク)、じろう(シソンヌ)、鈴木もぐら(空気階段)、せいや(霜降り明星)、西村瑞樹(バイきんぐ)、長谷川忍(シソンヌ)、丸山礼、水川かたまり(空気階段)、向井慧(パンサー)、森田哲矢(さらば青春の光)、盛山晋太郎(見取り図)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、和田まんじゅう(ネルソンズ)の20名だ。

ドラフト終了後、できあがったチームに与えられたネタ作りと練習の期間は1か月。各チームのコント披露後、6名の審査員(ヒロミ、小池栄子、内田篤人、鷲見玲奈、田中樹、朝日奈央)によって『ドラフトコント2021』チャンピオンが決められる。

左から)小峠英二、大悟、春日俊彰、又吉直樹、山内健司

コント披露の収録当日、1か月かけて作り、練習してきたコントを大がかりなセットで、観客と審査員の前で披露する現場は、華やかなお笑いの祭典の雰囲気に加えて、まるで賞レースのような緊張感も。

そんな中、小峠は「良い感じのバランスで仕上がったんじゃないかなと」、大悟は「ネタが終わったらいっぱいしゃべるんで、今はあんまりしゃべりたくない」、春日は「とんでもない楽しいネタができました」、又吉は「チームに対する愛情がわいてきた」、山内は「思ってたイメージと全然違うネタになりました」とそれぞれ心境を明かした。

放送を前に、審査員を務めた田中は「この番組じゃないと絶対に見られない組み合わせのコントが見られますし、どういうふうにネタが進んでいくのか全く想像できないので、そこも楽しみの1つだと思います」と見どころを。

内田も「初めて生でコントを見たのですが、本当に面白かったです! 普段見られないオールスター芸人さんのコラボは圧巻でした」と収録を振り返った。今回届いた審査員6名からのコメント全文は、次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。