鎌倉殿の13人:“分岐点”「壇ノ浦」後の北条義時 小栗旬「涙も枯れていく」

 小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」では、平家が滅亡に至った「壇ノ浦の戦い」が描かれた。清水拓哉チーフプロデューサー(CP)が、「物語の一つのクライマックス」と話していた同回だが、小栗さん演じる主人公・北条義時にとっても一つの“分岐点”になったという。「18回以降の義時は、かなり大きな決断をしなければいけなくなってくる」と明かす小栗さんが、今後の展開について語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA