神谷浩史:「ドラゴンボール」 “大先輩”野沢雅子と「特別なアフレコ」 美容室エピソードも

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」の公開初日舞台あいさつが6月11日、新宿バルト9(東京都新宿区)で行われ、孫悟空、悟飯、悟天役の野沢雅子さん、人造人間のガンマ1号役の神谷浩史さんら声優陣が登場した。劇場版では、野沢さん演じる悟飯とガンマ1号とのバトルが描かれるといい、神谷さんは野沢さんとの収録を「とても特別なアフレコになりました」と振り返った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA