古川雄輝主演「劇場版 ねこ物件」ポスタービジュアル2種&特報映像解禁 公開日は8・5に決定

©2022「ねこ物件」製作委員会

古川雄輝が主演を務める「劇場版 ねこ物件」の公開日が8月5日(金)に決定し、ポスタービジュアル2種と特報が解禁された。

本作は、4月期にテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかで放送され、ねこ×イケメン×シェアハウスの組み合わせで話題を呼んだオリジナルドラマ『ねこ物件』の劇場版。ドラマでは、二星優斗(古川雄輝)は祖父・幸三の死をきっかけに残された2匹の猫、クロとチャーと共に“猫付きシェアハウス”を始めることに。不動産会社の広瀬有美(長井短)の手を借りながら、4人の入居者と新たな入居猫を加えた“二星ハイツ”が出来上がった。

劇場版では、優斗が幼い頃に離れ離れになった弟の存在を思い出して、捜し出すことを決意する。その方法は“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募るというものだった。そんな優斗をサポートしようと入居者だった修(細田佳央太)、毅(上村海成)、丈(本田剛文)、ファン(松大航也)の4人が二星ハイツへと帰ってくる。

ドラマの主要キャストは劇場版でも続投。さらに、金子隼也が物語のカギを握る役柄で登場するほか、猫カフェの店長役で山谷花純が出演する。陰の主役となる猫たちは、クロ、ヒゲ、チャー、ししまる、ケイ、ぽんず、おはぎの7匹。監督は、ドラマ『ねこ物件』や『おいしい給食』を手掛けた綾部真弥。主題歌はSPiCYSOLの「Bell」。

解禁されたポスタービジュアルは2種類。1点は、“僕には想い出があります。猫がいて、祖父がいた―。”というコピーとともに幼き頃の優斗と、祖父・幸三、ねこのケイが暮らしていた昔の二星家の思い出を切り取った写真。もう1点は、祖父が他界してから、二星ハイツで暮らした修、毅、丈、ファンに、ねこのクロとチャー、ファンの飼い猫・タマ、そして猫付きシェアハウスを提案してくれた有美が写った集合写真。“猫がいる、一つ屋根の下。僕に家族が出来ました―。”と優斗の心情を表しているかのようなコピーが添えられ、ほっこり温かい気持ちにさせてくれる優しいポスタービジュアルとなっている。

©2022「ねこ物件」製作委員会

特報映像では、優斗役の古川をはじめ、修役の細田、毅役の上村、丈役の本田、有美役の長井、ファン役の松大が登場し、優斗の謎が明らかになる驚きの新展開をアピールしている。

「劇場版 ねこ物件」特報映像

作品情報

「劇場版 ねこ物件」
2022年8月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

監督・脚本:綾部真弥 『おいしい給食』
出演:古川雄輝、細田佳央太、上村海成、本田剛文、松大航也、金子隼也、山谷花純、長井短、竜雷太

企画:永森裕二
制作プロダクション:メディアンド
企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:REGENTS
製作:「ねこ物件」製作委員会

公式サイト:https://neko-bukken.com

©2022「ねこ物件」製作委員会




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA