間宮祥太朗演じる剛の愛犬・松が『ナンバMG5』撮了!間宮からのプレゼントにお礼のひと言も

『ナンバMG5』豆三郎©フジテレビ

間宮祥太朗主演の水10ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系 午後10時〜10時54分)で、主人公・剛(間宮)の愛犬・松として出演する柴犬・豆三郎がクランクアップを迎え、当日のレポートとトレーナー・細波麻裕美さんからのコメントが到着した。

小沢としおの人気漫画「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」を初めて映像化した本作。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮祥太朗)が、「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と家族に内緒で健全な高校に入学する、「高校“逆”デビュー」物語だ。

このたび、クランクアップを迎えた豆三郎が演じた難破家の愛犬・松は、剛を“アニキ”と慕うアツいヤンキー犬だ。剛が二重生活を送っていることに家族でいち早く気がついたのは松であり、最初はショックを受けたものの、剛の葛藤をそばで見守ってきたバディ的な存在でもある。

松が第1話で登場するやいなや、その愛らしい表情や、真剣に走ったりほえたりする名演技に、「かわいすぎる!」「松を見るためにドラマを見る!」といった声がSNSを中心に続出。

第2話では、松の声を大人気声優で俳優の津田健次郎が担当していると明かされ、津田の渋すぎる“イケボ”と豆三郎のルックスとのギャップに「萌える!」と、さらに大きな話題となった。

そんな豆三郎のクランクアップは、剛の友人・伍代(神尾楓珠)の自宅でのシーンの撮影。白い革張りのソファにて最後のカットを撮り終えると、スタッフから「難破松役の豆三郎さん、オールアップです!」とかけ声が。間宮や神尾、そしてスタッフから一斉に大きな拍手が送られ、間宮は「豆! 豆!」と大きな骨型のガムをプレゼントする。

クンクンとその匂いを確認しつつも、「?」と微妙な表情を浮かべた豆三郎にスタッフは大爆笑。「ひと言どうぞ!」とのリクエストに、一同の前で「ワン! ワン! ワン!」とお礼のコメントを述べる(ほえる)賢さを見せた。

撮影現場では、豆三郎の演技によってスケジュールが押すことはなかったという。実は、少々“ビビり”な性格だという豆三郎は、撮影が始まった当初はおとなしかったというが、次第にキャスト・スタッフに慣れていったといい、難破家の一員としての役を見事に演じきった。

そんな豆三郎のトレーナー・細波麻裕美さんは、「普段は人に対して自分からいくことがない豆三郎なのですが、共演者の皆さんだけは自ら進んでごあいさつをしていました。現場でたくさんかわいがっていただいたからこそ、豆三郎も毎回現場に行くのが楽しみだったみたいです」と語る。

続けて、「間宮さんがいつも豆三郎のことを気にかけてくださって、自然に演技ができるように、間宮さん自身が豆三郎に“おすわり”や“まて”“おいで”の指示をしてくれて、豆三郎もしっかり間宮さんの言うことを聞いていました!」と劇中で見せる抜群のバディ感についても秘話を明かした。細波さんのコメント全文は、次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA