伊藤壮吾「これだから東西線はやめられない…」初コラボでホリプロマネージャーと対決

9人組ミクスチャーユニット・SUPER★DRAGONのメンバーで、鉄道ファンとしても活動している伊藤壮吾が、自身の公式YouTubeチャンネル史上初のコラボ動画を公開した。

2020年2月7日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)にて、タモリ電車クラブの正会員にも認定されている伊藤。その後も鉄道ファンとして、『友近・礼二の妄想トレイン』(BS日テレ)、『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)、『東大王』(TBS系)など、数多くの番組に出演している。

2021年3月に開設した公式YouTubeチャンネル「伊藤壮吾の鉄道チャンネル」では、その筋金入りの鉄道愛を発揮したさまざまな企画で多くの鉄道ファンからの注目も集めてきた。このたび、新たに公開した動画では、チャンネル史上初のコラボ企画を実施。

伊藤壮吾

ホリプロの現役マネージャーでありながら鉄道ファンとしても有名な南田裕介さんと共に、「東京メトロ24時間券」を利用。東京メトロ全面バックアップの元、東京メトロの車両を接続のある他社路線含めて、4時間以内にいくつ写真に収めることができるか対決した模様を公開した。

くじ引きで南田さんは大手町駅、伊藤は浅草駅からそれぞれスタートすることが決定。伊藤は浅草駅から銀座線で日本橋へ向かい、その後東西線で飯田橋へ行く作戦を立てる。

いっぽう、南田さんはスタート地点の大手町駅で東西線、半蔵門線、千代田線を撮影してから池袋駅か新宿三丁目駅へ向かうという作戦を明かし、両者ともに気合十分で撮影開始。

南田さんは早速、東葉高速鉄道所有の2000系を撮影し「これは伊藤くんに自慢できるな」とうれしそうに話し、「JR E231来た!」「次々来る! 楽しい!」とテンションMAXで次々と撮影していく。

伊藤は東西線ホームで15000系の66F、東葉高速2000系などを撮影しつつ、引き続き東西線ホームで粘っていると、「おっ、おっ!」「マジかよ!」とテンションが上がり素早くカメラを構えたのは05系の未更新車。「激アツだよ」「22Fかな?」と喜びながら、「これだから東西線はやめられないんですよ」と満面の笑みで話した。

その頃、南田さんは半蔵門線で5000系のトップナンバー、最新車両である18000系のトップナンバーに出会い興奮しながら撮影するなど、2人の鉄道愛が炸裂。両者一歩も譲らぬ白熱した戦いは、6月18日(土)18時に公開される後編に続く。

後編では新宿三丁目に移動するも苦戦する南田さん、勝負の合間に「めとろ庵」でそばに舌鼓を打つ伊藤の様子、そして楽しみながらも全力で勝負した2人の勝敗の行方が明らかになる。

動画

【南田裕介さんコラボ】「対決!車両ハンター!!」4時間でより多くの車両に出会うのはどっち!?【前編】

WEB

伊藤壮吾の鉄道チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCyBT8BEqEPlWyD558BfbOlg/featured

この記事の写真




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA