夏菜、新川優愛、白洲迅がトリプル主演!“異性化”に翻弄される夫婦の物語を描く『個人差あります』

『個人差あります』左から)白洲迅、夏菜、新川優愛©東海テレビ

8月6日(土)放送スタートの土ドラが、夏菜、新川優愛、白洲迅がトリプル主演を務める『個人差あります』(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 午後11時40分〜深夜0時35分)に決定。さらに、3名と原作者・日暮キノコからコメントが到着した。

本作は、日暮キノコの「個人差あり〼」(講談社「週刊モーニング」所載)を実写化。突然、性別が変わる架空の設定「異性化」を切り口に、夫婦や恋愛の多様なありさまを描くラブストーリーだ。

主人公・磯森晶は突然、体が女性になったことで“男社会の常識”に晒され、セクハラや性被害にも遭ってしまう。そんな晶役は、異性化した女性の晶を夏菜が、異性化前の男性の晶を白洲迅が演じることが決定。

2人でひと役を演じるにあたり、夏菜と白洲が互いに寄せた芝居をどう演じるのかも見どころのひとつだ。そして、晶の妻・苑子役を演じるのは新川優愛。男の晶が消えてしまっても変わらず愛せるのか、苦悩し葛藤する姿を映し出す。

『個人差あります』©東海テレビ

発表に当たり、夏菜は「“夫婦って一体なんだろう?”ということ、そして人が人を愛するということ、自分自身を愛するということの大切さを、この作品を通して伝えていけたらなと思います」と。

白洲も「“異性化”というフィルターを通すからこそ、見えてくる夫婦の在り方であったり、人間模様を丁寧に描いていけたらと思っております。ぜひご夫婦であったり、友人、仕事仲間、自分の大切な人と見ていただけたらうれしいです」と思いを語る。

妻役を演じる新川は、「苑子は、夫・晶をとても大切に思っています。何事も壁にぶつかった時、相手のことを大切に思っている人ほど、当事者と一緒に悩んでもがくと思います。夏菜さんと白洲さんが演じる、どちらの晶も大切にしながら、強くて芯のある女性を演じたい」と意気込みを寄せた。3名のコメント全文は、次ページに掲載。

『個人差あります』©東海テレビ




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA