岡本圭人 主演ミュージカル「盗まれた雷撃」上演決定!「僕自身が一番わくわくしています」

岡本圭人主演のミュージカル「盗まれた雷撃 パーシー・ジャクソン ミュージカル」が、9月に東京・有楽町よみうりホール、10月に京都・京都劇場で上演決定。岡本らキャスト陣からコメントが到着した。

「盗まれた雷撃 パーシー・ジャクソン ミュージカル」は、アメリカの作家リック・リオーダンにより2005年から2009年にかけて年1冊ずつ発行され、ニューヨーク・タイムズのベストセラーにも選ばれたファンタジー小説「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズの第1作を原作としたミュージカル。

2010年には「ホーム・アローン」や「ハリー・ポッター」シリーズで知られるクリス・コロンバスが監督、ローガン・ラーマンが主演で映画化もされた。2014年にオフ・ブロードウェイで公演、2017年には新曲なども加わった改訂版がオフ・ブロードウェイ作品のトニー賞ともいわれているドラマ・デスク賞の3部門にノミネートされ、その後全米ツアーを行うなど、全米を熱く騒がせた作品の1つだ。

オリンポスの神々やギリシャ神話に出てくる怪獣たちが次々と現れるファンタジー要素たっぷりなストーリーや、冒険を彩るすてきな楽曲が印象的な本作が、このたび日本で初めての上演を迎える。

主人公でギリシャ神話の海の神ポセイドンの息子だと知らされる少年パーシー・ジャクソンを演じるのはアメリカ最古の名門演劇学校へ留学し、帰国後には「Le Fils 息子」や「M.バタフライ」に出演するなど、確かな演技力を培い、今回が初のミュージカル出演となる岡本圭人。

パーシー・ジャクソンと一緒に旅をする知恵と戦略を司るアテナの娘アナベス役に、小南満佑子。幸運と富を司り知識者でもあるヘルメスの息子ルーク役には、水田航生。パーシーをそばで支えるブラナー先生役に、男性4人のヴォーカル・グループ「LE VELVETS」のメンバーとして活動しながら数々のミュージカルに出演する宮原浩暢。そしてパーシーの母親役は、壮一帆が務める。

また、木内健人、菜々香、小野妃香里、村井成仁、Ema、横山賀三、小原和彦が神やパーシーと共に旅をする仲間を演じる。演出はファンタスティックな世界観に誘う手法に定評があり、1994〜2008年まで宝塚歌劇団で演出を務め、退団後も音楽劇やミュージカルの演出を手掛けている荻田浩一が務めることが発表された。

今回の発表に際して、主演の岡本は「実は、この作品の原作である小説を幼い頃イギリスに留学していたときに愛読していたので、今回のお話をいただいたときに、不思議なご縁と使命感に駆られました」と明かす。

そして「今回が初めてのミュージカル出演になるため、正直なところ、僕自身が一番わくわくしています。このミュージカルの心が躍るような素晴らしい音楽に乗せて、パーシーの言葉を、そしてこのファンタジーあふれるすてきな物語を皆様に届けられる日を楽しみに、稽古に励んでいきますので、楽しみにしていてください」と呼びかけた。岡本及びキャスト陣からのコメント全文は、次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA