小日向文世が坂口健太郎×杏演じる公取委バディ最大の敵に!黒羽麻璃央らも出演決定

『競争の番人』小日向文世©フジテレビ

坂口健太郎と杏がW主演を務める、7月11日(月)スタートの月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系 午後9時〜9時54分)のレギュラーキャストとして、小日向文世、黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香の出演が決定。4名よりコメントが到着した。

本作は、現在放送中の月9ドラマ『元彼の遺言状』の原作者であり、第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した作家・新川帆立の最新作「競争の番人」(講談社)が原作。

坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。

誰もが一度は聞いたことがあるが、その実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”だ。

このたび、レギュラーキャストに決定した小日向文世が演じるのは、国土交通省の事務次官・藤堂清正(とうどう・きよまさ)。国交省の官僚として、建設会社との黒いうわさがささやかれている人物だ。小勝負は藤堂との過去に何やら因縁があるようで、藤堂に対して一方的に特別な思いを抱いている。

そんな謎多き存在である藤堂は、第1話の登場から目が離せない存在に。小日向も「(藤堂は)温和な雰囲気の中に得体の知れないものがあるような雰囲気をまとっています。その中で藤堂が時々ドキッとするようなことを言うんです」と。「僕にとって今までにない新たな役をいただいていますから、みなさんにも新鮮に見ていただきたいです」と意気込みを述べた。

『競争の番人』左から)黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香©フジテレビ

そして、黒羽麻璃央が演じるのは白熊の彼氏であり、刑事の大森徹也(おおもり・てつや)。刑事時代に一緒に捜査をしていた事件で、白熊は犯人を目前で取り逃がしてしまい、公取委に異動。刑事に戻るためには公取委で成果を出さなければならないと意気込む白熊だが、力が入りすぎるあまり、空回りする彼女のことを常々心配しているという役柄だ。

大西礼芳が演じるのは、検察官・緑川瑛子(みどりかわ・えいこ)。検察庁から公取委に出向してきている緑川は、小勝負らと一緒に企業の不正を暴くために協力してくれる存在。小勝負とは東大時代の同期で、学生時代から天才だった小勝負のことを知っているが、それ故になぜ小勝負が公取委にいるのか疑問に感じている。

石川萌香が演じるのは、デジタル解析チーム・DFTに所属する紺野守里(こんの・まもり)。企業が不正にデータを隠したり、破損させた際に、データの復元などを行う。企業があの手この手を使って隠そうとするデータを復元することができる守里は、ダイロクにとって重要な存在だ。

弱者が負けて、強者が勝つ、現代社会において、どんな世界にも起こりうる理不尽な競争社会を根底から見つめ直す日本初の“公取委ドラマ”となる本作。トラブルが絶えないダイロクの面々が真相にたどり着くまでのドタバタ劇、ユーモアを織り交ぜながら進んでいく痛快爽快エンタメドラマに注目だ。4名のコメント全文は、次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA