福士蒼汰「『これは真実なのか!?』と思うほどビックリしました」『THE HEAD』Season2に出演決定

©Hulu Japan

世界が注目する『THE HEAD』Season2のメインキャストの1人として、福士蒼汰の出演が決まった。

エミー賞を受賞した世界的ヒットドラマ『HOMELAND/ホームランド』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたラン・テレム製作総指揮のもと、さまざまな国の実力派キャストが集結し、日本からは山下智久もメインキャストの1人として出演した大型国際連続ドラマ『THE HEAD』。

2020年6月から世界公開され、Huluでも現在全話独占配信中のSeason1では、辺境の地にある南極の科学研究基地で起こった惨殺事件の真相に迫る“震撼の極限心理サバイバル・スリラー”を展開。視聴者や批評家からも称賛され、放送・配信国が公開当初の3倍となる世界90の国と地域に拡大するなど大成功を収めた。

プロジェクトを主導したヨーロッパ有数の製作会社THE MEDIAPRO STUDIOによって、すでにSeason2の製作が発表されている『THE HEAD』。待望のSeason2では、新たな隔絶された場所=太平洋のど真ん中を航海する“ある科学ミッションを担った巨大貨物船”を舞台に、善と悪がぶつかり合う震撼の事件をスリリングに描写。前作で因縁のキーパーソンとなったジョン・リンチ演じる生物学者アーサーと、キャサリン・オドネリー演じる若き医師マギーが再登場することも明らかになっており、世界各地で期待の声は高まるいっぽうだ。

そんな『THE HEAD』Season2の製作には、前作に引き続きHuluも参画。日本での独占配信も決定した。さらに、このたび気になる全キャストも解禁。メインキャストの1人として、日本から福士蒼汰が出演することも決定した。

これまでも日本のドラマや2014年のローマ国際映画祭のスピーチなどで流暢な英語を披露し、世間を驚かせてきた福士だが、海外ドラマに出演するのは今回が初めて。実は「これまでも英語のアクティング・レッスンや、海外作品のオーディションを受けていた」という福士にとって、“念願の海外進出”となる。そのため、出演が決まった瞬間の喜びもひとしお。目をキラキラと輝かせながら「本当に念願の海外作品だったので、『これは真実なのか!?』と思うほどビックリしました。と同時に、非常にうれしかったです」と、当時の心境を振り返っている。

もちろん、今回は全編英語セリフ&オール海外ロケに初挑戦するということで、最初は緊張もあったという福士。しかし、すでにスペインでスタートしている撮影では「プロデューサーやキャストの皆さんとお会いして、気持ちが少しずつリラックスしてきたと思います。現場の皆さんも本当に優しくて、僕が思っていた以上にすごくフレンドリー。撮影は撮影で皆さん真剣に取り組んでいるので、すごく気持ちのいい現場です」と、心地よい手応えを感じているそう。

今後まだまだ続く長期撮影に向けても「すごく大変かとは思いますが、楽しんでやっていけば必ず良いものができると信じています」と、力強い意気込みをにじませた。国際色豊かな実力派キャスト&一流クリエイターたちに囲まれ、俳優としてさらなる飛躍を目指す福士。はたして「THE HEAD」でどんな役を演じ、どんな一面を新開拓するのか。

本作には、大ヒットドラマ『ペーパー・ハウス』のボゴタ役でおなじみ、アメリア系レバノン人のスペイン俳優ホヴィク・ケウチケリアンをはじめ、アイルランド人俳優モー・ダンフォード(「ヴァイキング~海の覇者たち~」 )、スウェーデン人女優ジョゼフィン・ネルデン(「The Restaurant」)、イギリス人女優オリヴィア・モリス(「Hotel Portofino」)も出演。さらに、今回新たに発表されたキャスト陣も、実力と個性を兼ね備えた面々がズラリ。「ペーパー・ハウス」でアルトゥーロ役を演じたスペイン人俳優エンリケ・アルセ、スウェーデン人女優ノラ・リオス(「カリフェイト」)、フランス人俳優ティエリ・ゴダール(「パリ 1986」)ら、国際色豊かなメンバーが揃った。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA