杉咲花がNHKドラマ『プリズム』に主演「大切に取り組んでいきたい」藤原季節、森山未來が共演

『プリズム』左から)森山未來、杉咲花、藤原季節 ©NHK

7月12日(火)スタートのドラマ10『プリズム』(NHK総合 毎週火曜 午後10時~10時45分)で杉咲花が主演、藤原季節、森山未來が共演することが決定し、コメントが到着した。

本作は、浅野妙子が脚本を手掛け、大切な人を思う3人の男女を描くストーリー。都内の園芸店でバイトする前島皐月(杉咲花)は、声優を目指しているものの諦めかけていた。何をしても本気になれない。恋も同じだった。しかしある時、ガーデンデザイナーとして活躍する森下陸(藤原季節)と出会う。皐月の作るテラリウムが、陸の目に留まったのだ。

その後、皐月は陸が手掛ける庭園のリガーデンプロジェクトを手伝うことになる。2人が恋人となるのに時間はかからなかった。そんな折、ガーデナーの白石悠磨(森山未來)がプロジェクトに加わることになり、陸はひどく動揺していた。2人は再び出会ってしまったのだが、そのことを皐月は知らない。

ガーデンの完成を目指しながら3人の思いが交錯する。まるでプリズムのように。やがて、皐月は、ある選択をする。

杉咲は「本作は私たち自身に、あるいはあなたのすぐ隣に存在する物語なのではないかと思っています。人と関わり合うことに希望を抱けるような作品になることを信じて、季節さん、未來さんをはじめ信頼するプリズムチームの皆さまと共に、大切に取り組んでいきたいです」と意気込みを語る。

藤原も「登場人物たちが、自分のセクシュアリティやジェンダーを、自分の存在を、過去や未来を、自分自身で認めて。その上で誰かと混ざり合って発光していく。プリズムのようなドラマを届けられたらと思います」と。

森山は「ガーデナーという職業を通じて、失われつつある自然との関わりを再確認しながら、複雑化した(かのように見える)人間関係の現在を見つめ直すことができるのではと思い、この作品に参加させていただくこととなりました。出来上がりを楽しみにしています」とメッセージを寄せた。3人のコメント全文は以下を参照。

杉咲花 コメント

本作は私たち自身に、あるいはあなたのすぐ隣に存在する物語なのではないかと思っています。
人と関わり合うことに希望を抱けるような作品になることを信じて、季節さん、未來さんをはじめ信頼するプリズムチームの皆さまと共に、大切に取り組んでいきたいです。
気持ちを伝えること、相手を理解すること、対話をすることは、時に逃げたくてわずらわしい。
それでも信じてみたいのはなぜだろう。

藤原季節 コメント

ある日、杉咲花さんがプリズムの結晶を見せてくれました。それは光が差し込むと複雑に乱反射し、虹色に発光する多面体でした。
森山未來さんは「僕らがありのままで立てる庭を作りたい」と伝えてくださいました。
登場人物たちが、自分のセクシュアリティやジェンダーを、自分の存在を、過去や未来を、自分自身で認めて。
その上で誰かと混ざり合って発光していく。プリズムのようなドラマを届けられたらと思います。

森山未來 コメント

本来、人間と自然は共生関係を築いてきました。そういった森林を日本では「里山」と呼び、英語では“satoyama landscape”と直訳がないことからも分かるように、独自かつ丁寧な関係を紡いでいたであろうかつてに想いを馳せます。
ガーデナーという職業を通じて、失われつつある自然との関わりを再確認しながら、複雑化した(かのように見える)人間関係の現在を見つめ直すことができるのではと思い、この作品に参加させていただくこととなりました。出来上がりを楽しみにしています。

番組情報

ドラマ10『プリズム』(全9回)
NHK総合
2022年7月12日(火)スタート
毎週(火)午後10時~10時45分

作:浅野妙子
出演:杉咲花、藤原季節、森山未來 ほか

©NHK




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA