『一橋桐子の犯罪日記』×『NHK 俳句』コラボで松坂慶子が俳句に挑戦「“独り言が俳句になる”くらいのスタンスで始めたい」

『一橋桐子の犯罪日記』松坂慶子 ©NHK

松坂慶子が主演を務める土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』(10月8日スタート NHK総合 毎週土曜 午後10時〜10時49分)の、30秒のティザー予告とホームページが公開された。さらに『NHK 俳句』とのコラボが決定。松坂と宇佐川隆史プロデューサーからコメントが到着した。

原作は原田ひ香による人気小説「一橋桐子(76)の犯罪日記」。一見、身につまされる高齢者犯罪の物語だが、“ムショ活”に真剣に取り組むうちに新たな発見や出会いを得て、皮肉にも主人公の生活は生き生きと変化。高齢者の孤独や生活の厳しさを背景としながら、同時に“人生の生きがいとは何か”“人と人との結びつきの大切さ”を浮き彫りにする。

主人公・一橋桐子役を演じるのは、松坂慶子。脚本は『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』(2021年放送)などで知られるふじきみつ彦が担当。桐子の世界をユーモアたっぷりに描き、切なくて笑える“終活青春グラフィティ”を届けていく。

そして、このたび本作の30秒のティザー予告とホームページが完成した。“ムショ活”とは一体何なのか。桐子とその仲間たちによる、一風変わった青春グラフィティが、今明らかになる。

さらに、ドラマとEテレの番組との異色コラボも決定。主人公の心情を表すものとして劇中に頻繁に登場するのが“俳句”ということで、「NHKの10月は、ドラマ×Eテレの“俳句コラボ”」と題して、Eテレ『NHK 俳句』(毎週日曜 午前6時35分〜7時)には、10月2日(日)放送回に松坂、9日(日)に戸田菜穂、16日(日)に由紀さおり、23日(日)に木村多江、30日(日)に松坂と、毎週ドラマの出演者がゲスト出演する。

発表にあたり、松坂は「撮影で俳句に触れる機会を持つことができました。俳句って、人柄が見えて楽しいですね。いい機会ですので、恥ずかしがらず、桐子さんみたいに“独り言が俳句になる”くらいのスタンスで始めたいなと思っております」と。

ドラマの宇佐川隆史プロデューサーも「俳句作りは、自分の好きな言葉や気持ちを探して句にするため、いつの間にか“自分自身を見つめなおす”ことにつながったりもします。この俳句コラボが、桐子さんそして視聴者の皆さんにとって、“新たな自分を発見する”きっかけとなりますように」と思いを語った。両名によるコメント全文は以下を参照。

松坂慶子 コメント

撮影で俳句に触れる機会を持つことができました。俳句って、人柄が見えて楽しいですね。その人が出ると言いますか。私はもともと万葉集が好きなのですが、俳句指導の先生が「万葉集って素朴ですよね」とおっしゃっていました。自分が思ったことを素直に詠み、伝えたいと思っている歌が多い、と。だから心に伝わってくるし、好きなんだなと思います。いい機会ですので、恥ずかしがらず、桐子さんみたいに“独り言が俳句になる”くらいのスタンスで始めたいなと思っております。

土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』 宇佐川隆史プロデューサー コメント

今回のドラマの主人公の桐子さんは「自分には何もないから」と、終のすみかに刑務所を選びます。こんな桐子さんを、ドラマを通して何とか救いたい…そんな時、桐子さんの趣味である“俳句”が彼女を救うのでは? とふと思い、彼女の心情を、俳人の神野紗希さんに俳句で表して頂くことにしました。
俳句作りは、自分の好きな言葉や気持ちを探して句にするため、いつの間にか“自分自身を見つめなおす”ことにつながったりもします。この俳句コラボが、桐子さんそして視聴者の皆さんにとって、“新たな自分を発見する”きっかけとなりますように…そう願いながら、Eテレメンバーと一緒に準備中です。どうぞお楽しみに!

番組情報

土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』
NHK総合
2022年10月8日(土)放送開始
毎週土曜 午後10時〜10時49分(全5話)

原作:原田ひ香
脚本:ふじきみつ彦
出演:松坂慶子、岩田剛典、長澤樹、片桐はいり、宇崎竜童、木村多江、由紀さおり、草刈正雄 ほか

ティザー予告:https://www.nhk.jp/p/ts/2LKPLXJYL6/movie/

『NHK 俳句』
Eテレ
毎週日曜 午前6時35分~7時
<ゲスト>
2022年10月2日(日)松坂慶子
2022年10月9日(日)戸田菜穂
2022年10月16日(日)由紀さおり
2022年10月23日(日)木村多江
2022年10月30日(日)松坂慶子

©NHK




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA