Mr.都市伝説 関暁夫インタビュー 日本の“今”に必要なものとは?「テレビの限界を超えたものを届けられたら」『やりすぎ都市伝説 2022秋』

『やりすぎ都市伝説 2022秋』Mr.都市伝説 関暁夫

9月23日(金・祝)に、テレビ東京で2時間のスペシャル番組として放送される『やりすぎ都市伝説 2022秋』。番組の顔とも言える“都市伝説テラー”のMr.都市伝説 関暁夫さんに番組収録後の感想や、見どころ、都市伝説の魅力をお聞きしました。

◆今回の収録はいかがでしたか?

今回の収録は、いつも以上に現実的で。テレビの限界まで迫っているので、“ピー音”も多いものになった気がします(笑)。

◆与那国島など、現地のロケも多かったようですが。

そうですね。今回は与那国島などに行って、現地の方々と交流をしながらロケをやらせていただきました。なので、そんなリアルな現場の声を聞くことで、より今の日本が置かれている状況を垣間見ることができたと思います。そんな、テレビの限界を超えた内容をお茶の間に届けられたらいいなと。

◆今回の番組では、世界のリアルな情勢などもあり、攻めた内容だったのが印象的です。

今回は、受け入れなければいけない“世界の常識”に挑んでいると思います。世界のリアルな現状をお届けすることで視聴者の方々に、“日本人も一人ひとりが考えるだけではなくて、行動を起こさなくてはならない”ということを伝えられたのではないでしょうか。現在、実際にロシアやウクライナでは戦争が始まっています。それに、日本も巻き込まれている状況であるということを忘れてはいけない、今回はそれを伝えたかったですね。

◆今回のテーマ「日本が世界から標的になっている都市伝説」について、今の関さんの率直な気持ちをお聞かせください。

僕が一番伝えたいことは、“僕だけが言っていることじゃない”ということです。世界的に権威がある研究者の方々が、口を揃えて同じようなことを言っているんです。日本人が認めたくない現実から逃げているだけで、“世界はもう認めた上で進んでいますよ”ということを、番組を通して日本の皆さんに伝えたいなと思います。

◆“都市伝説=関さん”のイメージが強いですが、関さんが都市伝説に興味を持ったきっかけは何でしょうか?

自分自身がそもそも都市伝説だと思って話しているわけではないから難しいのですが…。ただ、幼少の頃から探究心があるほうだったので、そういう話には昔から興味がありました。

都市伝説は、元々は本当の話だったことが人づてに話されて語られている内にうそのような話に聞こえてきたり、逆にうそのような話が人に話されている内に真実味を帯びてきたりしますよね。それが、面白いなと思ったのが始まりです。全てが本当のことではないかもしれないし、本当に信じるのは自分次第なのですが、“火のない所に煙は立たぬ”と僕は思っています。

実際にこういう話は、受け取る側のスキルの問題もあるんですよ。スキルオーバーしていると何事も受け入れられないんです。ただ、自分も教養を持って物事をとらえていると、理解に繋がっていく。これがまた面白いなと僕は思いますね。

◆実際に関さんは、都市伝説の情報はどのように手に入れていますか?

それは…秘密です(笑)。ルートに関しては、皆さんのご想像にお任せするということで(笑)。ただ、“火のない所に煙は立たちません”から…(笑)。

◆では、最後に。関さんが思う都市伝説の魅力を教えてください。

やはり、人と人を繋ぐ会話のコミュニケーションができるところだと思います。こういう話がきっかけになって会話が弾むこともあると思うので。実際には、僕が話す話は信じても信じなくてもどちらでも自由なのですが、ただ、「否定する理由は基本的にはない」。否定する時点で、自分の考え方の可能性を消すことになる気もするので、まずはどんなことでも人の話を聞いてみて、それで自分の想像を膨らませて皆さんには会話を楽しんでほしいなと思います。

また、“都市伝説”とは大人から子供までが使えるツールでもあるので、こういう話を通じて家庭の絆の構築のお手伝いができればいいなと。特に今回の内容は家庭の危機管理の意識を統一することができると思うので、家族で番組を見ていただくことをおすすめしたいです。

●text/緒方ななみ

PROFILE

Mr.都市伝説 関暁夫
みすたーとしでんせつ・せきあきお…1975年6月21日生まれ。東京都出身。

番組情報

『ウソかホントかわからないやりすぎ都市伝説 2022秋 2時間スペシャル』
テレビ東京系
2022年9月23日(金・祝)午後8時〜9時48分

この記事の写真




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA