松岡広大×中尾暢樹W主演『壁こじ』主題歌はまるりが担当!ぺこぱシュウペイが“語り”キャラクターに

『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』© ミナモトカズキ・徳間書店/2022「壁こじ」製作委員会

松岡広大×中尾暢樹がW主演を務めるドラマ『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』(ABCテレビ 深夜1時38分~2時10分)が、10月3日(月)に放送スタート。本作の主題歌がまるりによる書き下ろし楽曲「星のタイヨウ」に決定したほか、シュウペイ(ぺこぱ)の出演が発表され、コメントが到着した。

本作は、ミナモトカズキの同名BLコミックが原作の青春ボーイズラブ・ストーリー。表舞台じゃなくても“自分が一番輝ける場所” で上をめざす同人作家・猫屋敷守(松岡広大)と、“自分の強みを最大限に活かせる場所”でトップを目指すアイドル・ISSAYこと風間一星(中尾暢樹)の、夢に向かってまっすぐ生きる姿と、恋未満の友情関係(?)を描く。

松岡&中尾のW主演、劇中に登場するボーイズグループ「SHINY SMILE」のメンバーを立石俊樹、木原瑠生、小西詠斗が演じることでも話題となっている本作の主題歌が、劇中の登場人物を意識して書き下ろしたというまるりの「星のタイヨウ」に決定した。

主題歌を歌うまるりは、2018年より男女デュオ「まるりとりゅうが」としてSNSを中心に活動をスタート。そのマルチな才能で若者から絶大な支持を集め、2022年4月よりソロアーティストとして始動、いまもっとも注目を集めているアーティストの一人だ。

本楽曲は、アイドルとしてキラキラと輝く一星に対して、素直になれない猫屋敷の心情に寄り添ったような歌詞と、散りばめられたフレーズが印象的なミディアムナンバー。その優しい歌詞の世界は、ドラマが進んでいくにつれて、ドラマの登場人物たちそれぞれのことを歌っているようにも感じられ、優しく切なく物語を包み込んでいく。

まるり

また、劇中では、猫屋敷の“こじれた心情”を代弁する語りキャラクターが登場する。その正体は、猫屋敷が同人作家としてのペンネーム・骨肉として生み出した筋肉BL作品「俺の雄っぱいがでっかくなっちまうくらいちゅーちゅー吸ってくれ」の主人公・沖田翔吾。

心情を言葉で表現することができない猫屋敷の、こじれまくった内なる思いを“語り”として代弁する重要な役どころの沖田翔吾をシュウペイが演じる。猫屋敷の思いに対して愛あるツッコミを交えながら、こじれた気持ちに寄り添っていくひと味違った語りの役で、連ドラのナレーター初挑戦となる。

さらに、ドラマシーンをふんだんに盛り込んだPR動画ロングバージョンも解禁。猫屋敷の言葉にできないこじれた思い、一星のまっすぐではじける笑顔、個性豊かなキャラクターたちのせりふが、SHINY SMILEの劇中歌「キラリ君が笑うなら」、主題歌「星のタイヨウ」に乗せて綴られていく。

発表に当たり、まるりとシュウペイから寄せられたコメント全文は、次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA