高杉真宙と関水渚が取っ組み合いの大げんか! 映画「いつか、いつも……いつまでも。」本編映像解禁

©2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会

高杉真宙主演、関水渚がヒロインを務める映画「いつか、いつも……いつまでも。」(10月14日(金)公開)から、同居を始めた主人公の俊英(高杉)と亜子(関水)がぶつかり合う本編シーン映像が到着した。

本作は、偶然のいたずらでひとつ屋根の下で暮らすことになった男女の恋と家族のつながりを描くハートウォーミング・ラブストーリー。俊英は海辺の町の小さな診療所で働く医師。あるとき、彼の前に亜子という女性が現れる。俊英はかつて憧れた女性によく似た亜子に胸をときめかせるが、亜子は理想とは真逆の“こじらせ女子”だった。

解禁されたのは、図らずも同居することになった俊英と亜子がささいなことで火花を散らし、取っ組み合いの大げんかに発展するシーン。詳しい事情も聞かずに優しく亜子を迎え入れた、俊英の祖父の”じいさん”(石橋蓮司)や家政婦のきよさん(芹川藍)。しかし亜子は2人の気遣いに感謝せず、感情の赴くまま破天荒な行動を取る。

ある朝、ふてくされ続ける亜子を見かねた俊英は、彼女の顔に濡れたタオルを放り投げる。慌てふためく亜子に、「10分たったらまたくる。そのとき着替えてなかったら脱がすから」と言い放つ俊英。しかし亜子も負けじと俊英に飛び掛かり、取っ組み合いのけんかが勃発してしまう。

「俊英としての亜子に対する存在ってすごく複雑だなと思っていて。こうと言い切れることはなかなかないんですけど、でもすごく楽しい存在、いろんな意味で揺さぶられる存在なんだろうなと思います」と語る高杉。実際、俊英は亜子と出会い衝突することで淡々と生きてきた自身の中の何かが変わり、諦めきれない夢と現実の狭間でもがく亜子もまた、俊英や彼の家族の温かさに触れ、素直な自分を取り戻していく。

感情表現が苦手な俊英となかなか素直になれない亜子。”似たもの同士”な2人は感情をぶつけ合うことで距離を縮めていくことから、傍目から見るとじゃれあっているようにも見える、ほほ笑ましい日常を切り取った映像となっている。

©2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA