ブラマヨ小杉、アンタ柴田、増田貴久らがツッコミで埼玉県秩父の魅力を発信!『ツッコミ観光協会』【コメントあり】

『ツッコミ観光協会』©MBS

地方創生バラエティ『ツッコミ観光協会』(MBS/TBS系 午後3時30分~4時54分)が、9月25日(日)に放送される。

本番組は、相手の魅力を引き出す“ツッコミ力”を生かして観光地の魅力を発信しよう!という地方創生バラエティ。ツッコミのプロ・小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、柴田英嗣(アンタッチャブル)、近藤春菜(ハリセンボン)をはじめ、NEWS・増田貴久やモノマネ芸人のJP、DJ KOO、人生初ツッコミに挑む三田寛子らが、埼玉県の秩父を訪ね、個性豊かな人やモノにツッコみまくる。

一行が訪れたのは、埼玉県・秩父地方。すでに人気の観光地だが、地元観光協会スタッフにお薦めされたスポットは、まさにツッコミどころ満載。

レンタカーならぬ“レンタトゥクトゥク”に乗ってまず訪れた秩父長瀞商店街では、92歳の元気な“看板娘”と出会い、その自由なトークに一同ツッコミが止まらない。天然氷で作ったかき氷や、世にも珍しいそば粉のたい焼きなど長瀞グルメも続々登場。そんな中、小杉渾身の「おい!」が飛び出した、たい焼き屋さんのトイレの仕掛けとは。

観光客がスルーしがちな秩父の隣町、皆野町にも魅力がいっぱい。創業130年のうなぎの老舗「吉見屋」では、注文を受けてから捌くこだわりのうなぎに舌鼓。お笑い好きの三代目ご夫妻のためにJPがモノマネショーを開催。初めて見た生のお笑いに、ご主人が感動の涙を流すひと幕も。

「ちちぶ温泉 はなのや」で出会ったのは、「訪れた方に特別感を味わっていただきたい」との思いからホームページにも載せていないという極上のおもてなし。これには、小杉からも「これにツッコめ言われても無理。『最高です』としか言えない!」と敗北宣言が飛び出す。

続いてガイドブックになかなか取り上げられない奥秩父エリアへ。「ゲストハウス錦」は、奥に広い不思議な宿。そのユニークな造りに「こんなに地下が広がってるとは!」「秘密基地っぽくてエエやん!」と一行も童心にかえって大はしゃぎ。

週末の4時間ほどしか開店していない秘境のそば屋では、看板を見て「『いらっしゃいませ』する気ないやん!」とツッコんだ一行だが、こだわり抜いた絶品そばとご主人の人柄にそろってほっこりし、すてきな時間を過ごす。

そして近藤も大興奮だった海外からも取材クルーが訪れるという超穴場スポットで出会った、世界に一つしかない“石”も登場する。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA