『最初はパー』ジェシーと霜降り明星・せいやの親友共演が実現!「敵対するシーンに注目して」

『最初はパー』左から)ジェシー、せいや©テレビ朝日

ジェシー(SixTONES)主演の金曜ナイトドラマ『最初はパー』(テレビ朝日系 毎週金曜 午後11時20分〜深夜0時20分 ※一部地域を除く)の第6話(12月2日放送)に、市役所職員・野々村明役で霜降り明星・せいやがゲスト出演する。

ジェシー×秋元康(企画・原作・脚本)の強力タッグで、お笑い養成所で巻き起こる悲喜こもごもを描く“笑劇”ドラマ『最初はパー』。利根川豪太(ジェシー)、澤村銀平(市川猿之助)、雨宮すみれ(賀喜遥香・乃木坂46)ら生徒たちが、鬼講師・相田忠則(小籔千豊)のもと、時にぶつかり、時に励まし合いながら、プロの芸人を目指して奮闘する笑いあり、涙ありの物語だ。

お笑い界のリアルが描かれているとプロの芸人たちが大絶賛する中、12月2日(金)放送の第6話に、せいやがゲスト出演することが決定した。

ジェシーがプライベートでも大の仲良しというせいやに熱烈ラブコールを送り、実現したこの企画。なんと、ジェシー自ら脚本を手掛ける秋元にも打診したそう。これを2人が快諾し、ついに第6話で親友2人の夢の共演が実現することに。せいやが演じるのは、芸人ではなく、野々村明という市役所の職員。しかも、何やら野々村は豪太と対立することになりそうで…。

発表に当たり、せいやは「友情出演ってよくあるけど、ほんまにただの友達でしかない…友情出演過ぎてビックリしました。飲みながらふざけて『せいちゃん出てよ』みたいなことを言ってたんですけど、ジェシーがほんまに頼んでくれたんやと思います」と感謝。

続けて、野々村という役柄を「めっちゃ嫌なヤツで、なんか思ってたのと真逆でした(笑)」と話しつつ、「ドラマではちょっとバトルっぽいシーンで共演していますので、ぜひそこにも注目してほしいですね」とアピールした。せいやのコメント全文は下記に掲載。

霜降り明星・せいや(野々村明 役)コメント

◆第6話にゲスト出演が決まった際のお気持ちは?

最近、宅飲みとかお店での共演ばっかりだったので、仕事でジェシーと一緒になるのは久しぶりなんです。今回ドラマに呼んでもらってめっちゃうれしかったんですけど、友情出演ってほんまにあるねんなと思いました(笑)。友情出演ってよくあるけど、ほんまにただの友達でしかない…友情出演過ぎてビックリしました。飲みながらふざけて「せいちゃん出てよ」みたいなことを言ってたんですけど、ジェシーがほんまに頼んでくれたんやと思います。お話を頂いてビビりましたね。やっぱすげえな、ジェシー! って思いました。

◆出演が決まってから、ジェシーさんとお話されたことがあればお聞かせください。

ジェシーとは日頃から連絡を取り合っているので、「ドラマ見てるよ」というようなやりとりはしていました。オンエアの後にも、「『ドンドンドンドンドン引き了解!』オモロ過ぎ!」とか。逐一連絡は取っていたんですけど、その流れで「マジで話が来たわ!」みたいな(笑)。ジェシーも恩きせがましいところが一切なくて、「あははは。やったね!」みたいな。なんかアメリカンなヤツなんです(笑)。ハリウッドで撮影してんのかな、みたいなノリで…ほんまにマーベルなんかもと思いました(笑)。

◆ジェシーさんとの撮影を終えた感想や、注目ポイントを教えてください。

芸人のドラマなので、勝手に小籔さんが演じる相田先生が呼んだ“助っ人講師”みたいな役を想像してたんですよ。授業中に、「今日来てもらった漫才コンビです」って紹介されて、「はい、どうもー!」って出てくるみたいな。そしたら、野々村という市役所の福祉担当みたいな役でした。しかもめっちゃ嫌なヤツで、なんか思ってたのと真逆でした(笑)。ビックリしましたけど、逆にそれが新鮮でしたね。あと、こんなにCGやと思いませんでした! こんな感じで撮るんや! ってマジでビックリしました。澤村さんの娘さんと会話するシーンがあったんですけど…僕、ほんまにずっと筒としゃべってたんですよ(笑)。もうちょっと、例えば人形みたいなんとかなかったんですかね?(笑)。トイレットペーパーの芯みたいなんに向かって、ずっと「ハンバーグは好き?」とかしゃべってました(笑)。
しかも、野々村は豪太とちょっと敵対する感じになります。ジェシーとは友達なんですけど、ドラマではちょっとバトルっぽいシーンで共演していますので、ぜひそこにも注目してほしいですね。

第5話(11月25日放送)あらすじ

がんの治療を受けるため入院中の澤村銀平(市川猿之助)が欠席中の大黒芸能お笑い養成所では、鬼講師・相田忠則(小籔千豊)がいつも以上にご機嫌ななめ…。なんと、生徒の中に、インターネットに養成所の悪口をボロクソに書き込んだ裏切り者がいるというのだ。その内容は、養成所に通っていないと分からないことばかりで、相田を最も激怒させたのは「こんなヤツとは組みたくない」という、“運命共同体”の相方をおとしめるかのような書き込みだった。澤村が欠席している理由を知らない小塚尊(基俊介)や木島大和(青木柚)は、「そんな書き込みをしたのは休んでいるヤツだ」「最近、よく休むのはコンビの関係がうまくいっていないからだ」など、言いたい放題。そんな心ない言葉を聞いた利根川豪太(ジェシー)は「何も知らないくせに!」と激昂。思わず2人に殴りかかる。
そんな中、豪太の父で政治家の利根川周郎(橋本じゅん)が澤村の病室を訪れ、驚く澤村に満面の笑みで衝撃の事実を告げる。
いっぽう、20年前の元相方で、現在は超売れっ子のお笑いコンビ・アパッチボーイズとして活躍中の正野泰也(レイザーラモンHG)から、コンビ再結成を迫られている相田の前に、正野の現相方・島地圭太(パンクブーブー・佐藤哲夫)が現れる。島地は、いら立つ相田に詰め寄られて、ようやく重い口を開く。

番組情報

金曜ナイトドラマ『最初はパー』
テレビ朝日系
2022年11月25日(金)午後11時20分~深夜0時20分 ※一部地域を除く

公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/paa/

©テレビ朝日




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。