【朗報!?】山根明氏、お笑い番組参上!!「アデダス!!」


山根明 (やまね あきら、1939年10月12日 - )は、日本のボクシング指導者、元日本ボクシング連盟会長 。 6歳で母親の故郷の釜山市に渡った後、10歳で再び日本に戻る。初体験は13歳。1980年に大阪市生まれとして帰化し、山根明を名乗る。それ以前は(文甲明、文沢明)の名前を使用(官報 第15976号)
7キロバイト (895 語) - 2018年12月16日 (日) 22:48



(出典 tk.ismcdn.jp)


動画は「山根明豊田真由子お説教!?」の映像をUPしました🌸


1 muffin ★ :2018/12/22(土) 11:15:59.49 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2126098/
2018-12-22 10:00

ライト東野(東野幸治)、レフト藤井(藤井隆)がMCを務めるTBS系バラエティー特番『朝まであらびき団SP あら-1グランプリ2018』(第1部:深1:10~2:40、第2部:深2:50~3:50)が、29日に放送される。4代目王者の称号をかけて戦う今回の大会に、日本ボクシング連盟の山根明前会長が参戦する。

“日本一粗くておもしろいヤツ”を探すことをコンセプトにした同大会。初代王者は、村上ショージを父に持つバターぬりえ(現在は「ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ」に改名)、2代目は、“キング・オブ・あらびき”と称されるハリウッドザコシショウ。3代目は“奥歯ガタガタ言わせ節”で東野を「頭痛い」というほど大爆笑させたダークホース・ふーみんとなってる。

今回もハリウッドザコシショウ、キュートン、風船太郎ら『あらびき団』おなじみの面々から、テレビ初登場の超無名芸人まで続々と登場し、ロバート山本&はんにゃ金田も初参戦。ファイナリストを抽選で「あら」「びき」「団」の3ブロックに振り分けて予選を行い、各ブロック1組ずつが決勝ラウンドへ進み、審査員はライト東野ただひとり。審査基準は「もう一度見ても面白いかどうか」で、決勝ラウンドは、予選で見たネタをもう一度披露し、面白かった1組が優勝となる。


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


続きを読む




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。