【謎】秋田で「光るミミズ」発見!


ヒルミミズ科 ナガミミズ科 - ナガミミズ ジュズイミミズ科 - ヤマトジュズイミミズ、ハッタジュズイミミズ(日本最大種) ヒモミミズ科 - ヤマトヒモミミズ ツリミミズ科 - シマミミズ、サクラミミズ、ツリミミズ ムカシフトミミズ科 - ホタルミミズ フタツイミミズ科 - フタツイミミズ フトミミズ科 -
25キロバイト (3,659 語) - 2018年10月25日 (木) 23:59



(出典 illustlang.com)


動画は「世界最大級グミを1人で食う!(多分)」の映像をUPしました🌸


1 ガーディス ★ :2018/12/24(月) 08:17:51.94

2018年12月24日 7時5分 掲載
緑に光る体液を出す「ホタルミミズ」が、秋田市の秋田大学手形キャンパス内で見つかった。発見した中部大学(愛知県春日井市)の大場裕一准教授(48)=発光生物学=によると、県内では初の確認。これまで山形市と仙台市とされたホタルミミズの北限が、秋田市となった。

 ホタルミミズは、体長約3センチの小さなミミズで、冬にしか見つからない珍しい種類。日陰のジメジメした場所の地表付近に生息する。刺激を受けると、後端部付近から緑に光る粘液を出す。なぜ光る粘液を出すのか、どういう成分で光らせているのかなどは、解明されていないという。

(全文 649 文字 / 残り 391 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20181224AK0002/

(出典 www.sakigake.jp)


続きを読む




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。