内藤剛志が“警察ドラマあるある”を明かす「名前を覚えるのが大変で…」『警視庁強行犯係 樋口顕』1・15スタート

1月15日(金)スタートの『今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕』(テレビ東京系)のオンライン記者会見が行われ、内藤剛志、榎木孝明、佐野史郎が登壇した。

本格警察小説の名手・今野敏の原作を内藤剛主演でドラマ化した『警視庁強行犯係 樋口顕』シリーズ。15年以上にわたりスペシャルドラマとして過去9作放送されている同シリーズが、連続ドラマとして1月15日から放送される。

内藤は今作の見どころについて、「この作品は“正義”についての話。でも正義とは何が正しいかという問いに答えはないんですね。私も一生懸命考えながらやりましたけれども、答えにたどり着いたわけではない。視聴者の方にはこの作品をご覧になっていただいて、正しいことをするというのは一体どういうことなのか、考えるきっかけになればとてもうれしいです」と語った。

佐野は「今回は樋口家の話が重厚でとんでもないことになるので、その葛藤の様子が見どころです。この3人の家族の背景も、連続ドラマになって大きくフューチャーされた部分かなと思うので、そこも非常に面白いところじゃないかな」と。

榎木は、「一番は樋口班のチームワークぶりでしょうかね。3人が同級生ということでお互いに気を許せるところがあって。そういう空気は芝居に出ると思うんでね。刑事ものといえば不法的な要素があるけど、内藤剛志を中心にまとまったチームワークになっている」とシリーズ作品ならではの見どころを明かした。

「地上波ではありながら非常にディープな内容」になっているという佐野。「コロナ禍でみんなが色んな意見を言い合っている中で、じゃあ一体何が正しいのか。役柄が言っている部分はあるけれど、そこには本音が入っている。ただ役柄を演じているというよりも今の世に問う内容ですね」と世の中の現状を踏まえたポイントを伝えると、内藤も「刑事ドラマとして楽しんでいただきながら、僕たちの思いも詰まっているドラマになっています」と頷いた。

榎木は自身が演じる天童について、「天童には2人に言うに言えない秘密がまだある、という設定を自分で作っているんですけど、それも徐々に明らかになっていきます」と発言。すると内藤が榎木に「もしかして留学なさってるとか?」とつっこみを。以前のインタビューでも驚きの設定を明かしたことがある榎木の発言に、一同も爆笑した。

これまでさまざまな警察ドラマに出演している3人。「警察ドラマあるある」を聞かれると、内藤は「名前を覚えるのが大変。容疑者、犯人、被害者など毎回たくさんの人が出てくるので。NGが出るポイントもそこが多いです。専門用語よりも人間の名前を覚える方が大変ですね」と明かし、「例えばですけど、犯人は全員田中さん、被害者は全員鈴木さん…という風にしていただけたらめっちゃ楽です」と笑った。

番組情報

金曜8時のドラマ『今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕』
テレビ東京系
2021年1月15日放送スタート
毎週(金)後8・00~8・54
※初回のみ夜 8時から2時間スペシャル

出演:内藤剛志、矢田亜希子、逢沢りな、佐野岳、片山萌美、小松利昌、斉藤暁、川上麻衣子、榎木孝明、佐野史郎
原作:今野敏
監督:児玉宜久、金佑彦、植田尚
脚本:大石哲也、坂上かつえ、真部千晶
主題歌:「Running Forward」 ReN (ワーナーミュージック・ジャパン)
オープニングテーマ:「Exotic Tokyo」MOTOR HOTEL(エレックレコード)

©テレビ東京




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。