『マツコ会議』東南アジアで大成功し国民的スターになった日本人を深掘り

『マツコ会議』

1月16日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系 後11・00~11・30)では、インドネシア、ミャンマー、フィリピンで活躍する日本人と中継を結ぶ。

1人目は、インドネシアのジャカルタ在住の加藤ひろあきさん。加藤さんは、ミュージシャン、シンガーソングライター、MC、タレント、俳優、通訳、翻訳などの多くの肩書を持っており、マツコ・デラックスは「本業はほぼないわね」と早速ツッコミを入れる。

東京外国語大学でインドネシア語を専攻していた加藤さんはもちろんインドネシア語が堪能。旅番組のリポートをしたり、現地で有名なアーティストとコラボして歌をリリースするなど、バリバリ活動しているそうだが、そもそもインドネシアで人気になったのは、芸人のCOWCOWのおかげだという。その意外な理由とは?

2人目は、ミャンマーで音楽活動をしている、すわじゅんこさん。「水かけ祭り」という国内最大のイベントに5年連続の出場を果たし、歌番組にも出演、イベントのMCなど多くのミャンマー人の前で歌を披露している。

すわさんは、5年ほど前までは日本でのみ音楽活動をしていたため、ミャンマーとのつながりは全くなかったが、ある日高田馬場にあるミャンマー料理店でミャンマー語で歌われていた日本の有名曲を聴き、同じように歌ってみた動画を撮影してSNSにアップしたところ、一晩で25万回再生を記録。その多くがミャンマーからのアクセスで、それをきっかけにミャンマー国内で一気に知名度が上がり「水かけ祭り」のオファーを受けたという。近年では日系企業の進出が著しく、そういった企業からのオファーもあるというが、その驚きのギャラ事情も明らかになる。

3人目は、フィリピンで人気のFumiyaさん。SNS総フォロワー数440万人、YouTube登録者数217万人を誇り、フィリピンの街を歩くときは3人のボディーガードをつけているという。そんな彼があるショッピングモールに行った際の動画を見たマツコは「ちょっと待って!えぇ!?」とあまりの人気ぶりに驚く。

3年前までは都内のホテルでベルボーイをしていた彼は、海外でアパレルブランドを立ち上げたいという思いから、フィリピンへの語学留学を決意。空港に着いた瞬間からカメラを回し始め、フィリピンでの生活ぶりをネットにアップしていたところ、ある1つの動画がフィリピンの人たちに大ウケし、バズったという。

その後、動画のネタのためにある人気番組のオーディションを受けて合格し、たちまち人気者に。日本とフィリピンの芸能界の違いや、ギャラ事情のトークに入ると、マツコは「はあー!いい商売!」とうやらむ。

『マツコ会議』




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。