赤楚衛二とSUMIREが鬼役に!「妖怪大戦争 ガーディアンズ」第4弾キャスト解禁

寺田心の主演で今夏に公開を予定している映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」より、第4弾キャストが解禁。新たなキャストとして、赤楚衛二とSUMIREが鬼役で出演することが発表された。

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画「妖怪大戦争」が、令和の新たな時代と共にスケールアップした「妖怪大戦争 ガーディアンズ」としてスクリーンに復活。今夏公開を迎える。

今回の主役は、名子役・寺田心。数奇な運命に導かれ、世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺兄(わたなべけい)を演じる。監督は2005年版に引き続き、日本が誇る映画界の鬼才・三池崇史。製作総指揮には、角川歴彦と荒俣宏が名を連ねている。

寺田演じる主人公をとりまく妖怪キャストに、狐面の女役に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)役に大沢たかお、ぬらりひょん役に大森南朋、姑獲鳥(うぶめ)役に安藤サクラ、猩猩(しょうじょう)役に大倉孝二、天狗役に三浦貴大、雪女役に大島優子が発表され話題を呼んでいる本作。

この度、新たに赤楚衛二とSUMIREの出演が発表された。赤楚が演じるのは、主人公の兄が冒険の中で出会う鬼の1人・天邪鬼(あまのじゃく)。真っ赤な顔にアシンメトリーの角、特徴的な鼻など、本格特殊メイクで見事鬼への変身を果たし、新境地を披露している。

SUMIREが演じるのは、武闘派な鬼の一族のリーダー・茨木童子(いばらきどうじ)。赤楚同様、本作では初の三池監督作で初の鬼役での出演となるSUMIREは、見た目にもド派手な鬼に変貌し、迫力のアクションシーンにも挑戦しているとのことだ。

妖怪だけでなく、鬼も登場しかつてないスケールで展開される「妖怪大戦争 ガーディアンズ」にますます期待が高まる。赤楚とSUMIREからのコメントは、次ページを参照。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。