杉野遥亮インタビュー「今でもやめたほうがいいと思っています(笑)」『東京怪奇酒』に本人役で主演

杉野遥亮インタビュー

漫画家・清野とおるが知人から心霊話を聞き、そのスポットにわざわざ出向き飲酒するという実体験を描いた同名漫画が原作のドラマ『東京怪奇酒』(2月19日(金)スタート/テレビ東京ほか)に本人役で主演する杉野遥亮さんにインタビュー。オファーを受けた時「正直躊躇した」という杉野さんが出演を決めた背景や、心境の変化を聞きました。

◆今回、杉野さんは“杉野遥亮”本人役で出演です。

すごく不思議な感覚でした。僕はお芝居をしているのに、“杉野遥亮”本人として認識されるので。普段の役作りは台本を読んで受けたインスピレーションに自分を入れていく感覚なんですけど、本人役は自分に寄せていくイメージで、普段よりも頭で考えながら一つ一つのシーンに臨むことが多かったです。だから今回の現場はすごく勉強になりました。

◆この作品は出演を迷われたそうですね。

そうなんです。そもそも僕は、怪奇現場でお酒を飲むという行為が理解しえないし、これをどう視聴者の方に伝えればいいのか分からなかったんです。今回、“杉野遥亮”本人役での出演だったので、実際に自分自身が受け入れていないことをやるのは皆さんに嘘をついていることになるんじゃないかと。

◆それでも出演を決めたのはなぜですか?

僕は「本人役では、どうしてもできないと思います」というのは何度か伝えていたんですけど、マネージャーさんは「どうしてもやってほしい」と。その繰り返しが続いて(笑)。最終的に、マネージャーさんがそこまで言うことに対して、断る方が苦しくなったのが出演を決めた1つの理由です。迷いながら現場に入って、監督たちと話しながら、この作品を通じて、「霊」といういわば「死」と一番近い存在と向き合うことで「生きる」喜びを感じられたら良いのかなと、いろいろと探りながら関わった作品です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。