斎藤工:「浄化されていく感覚があった」 夏帆、石井杏奈、萩原利久らで描くコロナ禍の日常 Huluでオムニバスドラマ

 俳優の斎藤工さん、萩原利久さん、女優の夏帆さん、石井杏奈さんらが出演する、動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「息をひそめて」が4月23日から独占配信されることが2月23日、明らかになった。ドラマは1話完結のオムニバス形式で、全8話で構成される。コロナ禍の2020年、東京・多摩川沿いに暮らす人々のささやかな日常を描く。    「息をひそめて」は映画「四月の永い夢」(2014年)で知られる中川龍太郎監督と、綾野剛さん主演の映画「そこのみにて光輝く」の脚本を手がけた高田亮さんによるオリジナル作品。家に帰れず寮で暮らしたままの大学生、宅配のアルバイトをする娘と父親、在宅勤務で24時間顔を突き合わせることになる夫婦、最後の合唱コンクールが中止になった高校生などの姿を描く。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。