『監察医 朝顔』志田未来、中尾明慶、望月歩、山口智子が法医学教室でクランクアップ

『監察医 朝顔』

上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に出演する志田未来、中尾明慶、望月歩、山口智子がクランクアップを迎えた。

第1シーズンより法医学者・安岡光子を演じてきた志田未来、検査技師・高橋涼介を演じてきた中尾明慶、第2シーズンの第8話(2020年12月21日)から登場した法医助手・牛島翔真役の望月歩、そして法医学教室の主任教授から、第2シーズン後半よりエンバーマーに転身した夏目茶子役の山口智子。4人の最後の撮影は、法医学教室で解剖した遺体について話し合うシーンとなった。

最後のカットにOKが出ると、望月は「本当に皆さんありがとうございました! 僕は第8話から参加させていただいたのですが、皆さんが本当に温かくて、現場の空気がとても心地良かったです。そして共演者が本当にスゴい方々ばかりで、毎日、勉強させてもらいました。この役をやらせていただけて本当に幸せでした。またご一緒させていただけるように頑張りますので、その時はどうかよろしくお願い申し上げます!」とあいさつした。

続いて、中尾は「本当に皆さん、お疲れ様でした! 皆さん、クランクアップのコメントで、第3シーズンがあればと盛り上がっているじゃないですか。本当に第3シーズンがあったら絶対に呼んでくださいね! 今はあらためて、スタッフの皆さんが演じやすい環境を作ってくださって、ずっとお芝居させてもらっていたな、と感じています。新型コロナウイルスのこともあって大変な中でも、皆さんのおかげで本当に楽しかったです! また皆さん、どこかでよろしくお願いします!ありがとうございました!」と笑顔を見せた。

志田は涙を見せながら「本当にすてきなチームで、毎回、現場に来るのが楽しかったので、終わってしまうのがとても悲しいです。長い期間、光子を演じることができて、すごく幸せでした。ありがとうございました。そして、第1シーズンから引き続きなのですが、上野さんのお芝居を近くで見させていただいて、お芝居でこんなにも自然に人の心をグッと引き寄せることができる上野さんは、やっぱりすごいなって、本当に勉強になりました。私もこれからも、もっともっと頑張ろうと思いました。ありがとうございました!」と胸の内を明かした。

山口は「皆さん、また絶対に会いましょうね。その時まで力強く濃く生き抜きましょう! そして樹里ちゃん、本当に頼もしくて、日本一の座長! 茶子のセリフと同じで“地の果てまでついて行きます”(笑)。これからも応援しています。皆さん、本当にありがとう!」と感謝を伝えた。

その後、上野から4人に花束が贈られ、法医学教室は拍手で包まれた。

『監察医 朝顔』
フジテレビ系
最終話 2021年3月22日(月)後9時~10時24分
※30分拡大

©フジテレビ




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。