若手イケメン監督・和成が手がけた短編映画「門司港ららばい」が空から上映スタート

俳優・和成が監督・脚本・出演する短編映画「門司港ららばい」が、本日4月1日(木)よりスターフライヤーの機内にて上映を開始する。

本作は、北九州市門司区を舞台にした市民自主制作短編映画。門司港で生まれ育った俳優の和成と、門司港でゲストハウスや飲食店を経営する幼馴染の菊池勇太(合同会社ボルト代表)が、門司港の景色や人々が持つ言葉には表せない温かな魅力を世界へ発信したいという想いで、初めて映画を制作するに至ったという。

制作スタッフにも門司港出身のカメラマン・金利明をはじめ、映画制作のプロたちが2人の熱い想いに賛同し今作を作り上げた。俳優の駿河太郎も地元住民役で、男気出演している。

なお、本作は劇場未公開の作品で、最初の配給が航空機からとなる。和成は「この度、ご縁がありましてスターフライヤーさんからの配給スタートということで、大変感謝しています。まさかの空からスタート。予想もしなかった展開が自分らしいなと思います」とコメントしている。全文は以下を参照。

和成 コメント

この度、ご縁がありましてスターフライヤーさんからの配給スタートということで、大変感謝しています。
まさかの空からスタート。予想もしなかった展開が自分らしいなと思います。
門司港で生まれ育ち、地元の良さは誰よりもわかっている。
離れたからこそわかる門司港にしかない空気、人の温かさをこの映画に詰め込みました。
今の門司港を伝えたい。その想いだけでここまで来たので、この作品が日本も超えて世界に旅立てるように頑張ります。

動画

予告映像

作品情報

「門司港ららばい」
2021年4月1日(木)〜2021年6月30日(木)予定
※上映が前後する場合あり。

WEB

和成 公式サイト:https://talent.platinumproduction.jp/kazunari
「門司港ららばい」公式サイト:https://mojikomovie.thebase.in

この記事の写真




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。