坂口健太郎、北村一輝&吉瀬美智子の絶賛に「こんなにうれしいことはない」

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」

4月2日(金)公開の映画「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」の初日舞台あいさつが行われ、主演の坂口健太郎をはじめ、北村一輝、吉瀬美智子、奈緒、伊原剛志、橋本一監督が登壇した。

本作は、2018年に放送された連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)の劇場版。謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス。坂口が“現在”の刑事・三枝健人を演じ、北村一輝が“過去”の刑事・大山剛志、吉瀬美智子が大山をひそかに思い続ける未解決班の班長・桜井美咲を演じる。

無事に公開を迎えたことを受け、坂口は「こういう時代の中ですけど、公開できることがすごくうれしいです。笑ってニコニコ楽しく見られる作品ではないですが、作品のパワーが皆さんに伝わればいいなと思います」と話し、「この作品を一緒に作ってくださった方たちに感謝したいです」とあいさつした。

そして、坂口と共に連続ドラマから出演してきた吉瀬が「坂口君は皆さんを取り込むのが上手。奈緒ちゃんも初日からけっこう大変なシーンだったんですけど、すごく早くチームワークを作ってくださって。坂口君がそういう空気感を出してくださってるのかな」と語り、「このくらい褒めとけばいい?(笑)」と笑みを浮かべると、坂口は「ありがとうございます!」とにっこり。

同じく連続ドラマから出演している北村も、坂口の俳優としての立ち姿について「和気あいあいというわけでもなく、ちゃんと全体で、みんなで物を作るということをすごく考えてるなと思います」とコメント。また、坂口が本作でアクションに挑戦しているということで「“すごい挑戦してるな”と思いました。僕も出来上がりを観て“ここまでやるか!”って。さすが!」と絶賛すると、先輩たちからの言葉に坂口は「こんなにうれしいことはないです」と喜んでいた。

また、本作の内容にちなみ、「20年後の未来にどうなっていたいか?」を発表。坂口が20年後には現在の北村と同じくらいの年齢になるということで、「僕は今年30歳になるのですが、すごく楽しそうだなと思って。北村さんをはじめ、僕の歳の20年後の年齢の方とお仕事をさせていただいていて、その方たちがすごく楽しそうなので、未来は明るいなと感じています」と笑顔を見せると、北村は「(自分と違って)もっとちゃんとした人になった方がいいよ」と照れ臭そうに返し、笑いを誘った。

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』
2021年4月2日(金)全国東宝系公開

出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、青野楓、杉本哲太、奈緒、田中哲司、鹿賀丈史、伊原剛志

監督:橋本一(映画『探偵はBARにいる』『相棒-劇場版IV-』)
原案:「시그널(シグナル)」©Studio Dragon&ASTORY/脚本 キム・ウニ
脚本:仁志光佑、林弘
主題歌:BTS「Film out」
楽曲提供・プロデュース:back number
音楽:林ゆうき、橘麻美
配給:東宝

この記事の写真

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」

©2021「劇場版シグナル」製作委員会




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。