おちょやん:“万太郎”板尾創路、“最後の舞台”で「ライムライト」? 「神回」「カルベロさんのようでした」と反響

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第92回が4月12日、放送された。同回では、“喜劇王”こと須賀廼家万太郎(板尾創路さん)が亡くなる直前に登壇した“最後の舞台”が描かれた。チャップリンの名作「ライムライト」(1952年)の道化師・カルベロが、死の直前に舞台で脚光を浴びた姿と万太郎の“最期”を重ね合わせる視聴者も多く、「カルベロさんのようでした」「ライムライトみたい」「神回」との声が上がった。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。