太田裕美が筒美京平・大滝詠一との秘蔵エピソードを語る!『上柳昌彦 あさぼらけ』

『上柳昌彦 あさぼらけ』(ニッポン放送)の名物企画「ウルトラヒットの道標」に、太田裕美が登場。筒美京平や大滝詠一とのエピソードに加え、抗がん剤治療中にステージに立った当時の想いを語っている。

「ウルトラヒットの道標」は2ヵ月に1回、ミュージシャンをゲストに招いて上柳アナウンサーが「今となっては、もはや聞きづらい名曲にまつわる誕生秘話」や今現在の話を聞いていくコーナーだ。

これまでに布施明、伊勢正三、吉幾三、加山雄三、南こうせつ、さだまさし、ASKA、阿木燿子・宇崎竜童、谷村新司、THE ALFEE、佐野元春、久保田利伸、中島みゆきら豪華ゲストが出演。

かつては音楽番組を担当するなど長いラジオのキャリアから、多くのミュージシャンと親交のある上柳アナウンサーが知られざる秘話の数々を引き出してきた。そんなコーナーに今回、太田裕美が出演する。

太田裕美と言えば、大ヒット曲「木綿のハンカチーフ」をはじめ、数多くの松本隆・筒美京平作品を歌っている。そこで「筒美京平はどんな方だった?」と尋ねると、太田は「お会いする時に世界中で一番緊張した方」と告白。「自分の心を全部見透かされている」感覚だったと述べた。

さらに大滝詠一とのエピソードも。レコーディング中は部外者をシャットアウトして誰も近づけない大滝の元を、太田はズカズカと普通に訪れていたという。太田曰く「今までにいないタイプだったので、大滝さんもちょっと面白かったのでは?」と振り返る。

そして、デビュー45周年の2019年に乳がんが発見され、手術を受けることに。術後1週間ほどで復帰し、抗がん剤の治療を受けつつステージに立っていたという太田。その時を振り返り、「仕事をしっかりやるモチベーションが、治療を乗り切る要素だった」と心境を語った。

そんな太田がゲスト出演する『上柳昌彦 あさぼらけ』「ウルトラヒットの道標」は、4月19日(月)から5日連続で放送される。

番組情報

『上柳昌彦 あさぼらけ』
ニッポン放送
2021年4月19日(月)前5・00〜6・00
2021年4月20日(火)〜23日(金)前4・30〜6・00




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。