玉木宏、ダーティーな警察官役に手応え…自身と似ているのは「感情が表に出ない」ところ!?

4月15日にスタートする『桜の塔』(テレビ朝日系 (木)後900 ※初回10分拡大)。警察内部での熾烈な出世バトルを描くこの作品で、玉木宏さんは組織のトップ=警視総監を目指す野望に満ちた主人公のエリート警察官・上條漣を演じている。『3年A組―今から皆さんは、人質です―』などの武藤将吾さんが脚本を手掛ける類を見ない警察ドラマに、果たしてどう立ち向かっていくのか。役柄や物語の魅力についてお話を伺いました。

◆このドラマには“裏切り・罠・騙しあい”といったキャッチコピーが並び、ひと筋縄ではいかない展開を期待させられます。脚本を読んだ印象はいかがでしたか?

警視総監の座を狙うために、何としてでものし上がろうとする男たちが何人も登場するのですが、“まぁ、悪そうな人たちがたくさんいるなぁ”と(笑)。中でも、僕が演じる漣は手段を選ばない、相当ダーティーな男です。ただ、彼の根源にはある過去があり、どこまで本当に悪の心に染まっているのかが見えてこない。そうしたミステリアスな部分も含め、演じていてとても面白い主人公だなと感じています。

◆第1話の脚本を拝見したのですが、漣はいつもどこかしら仮面をかぶっていて、あまり感情を表に出さない人物なのかなと感じました。

そうですね。心の内の全てを見せているわけではないという印象があります。監督がバックショットにこだわりがあるのですが、きっとそれも漣の真意をわざと分かりにくくするためなのかなという気もして。つかみどころのない男ではありますが、警察内で評判があまり良くなかったり、椎名桔平さん演じる上司の千堂からは「Coolだね」と言われたり。そうした周囲の人たちの噂やせりふの中に、漣の人物像のヒントが隠されているようにも思います。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。